人気ブログランキング |

envieの店長、松宮のブログです。縮毛矯正やデジタルパーマが得意な美容師として、薬剤のことや美容の難しい理論をできるだけ簡単に書いてます。プライベートやくだらないことも書いてます。。。


by envie02

カテゴリ:トリートメント( 15 )

前回のブログでも少し書いたのですが
アンビーのオリジナルトリートメントにジマレイン酸での工程を追加しました。
f0216597_17285240.png

使う成分を変えたり、組み込んだりするのではなく工程として加えるのは
ポリイオンコンプレックス工程を加えた以来なので4年ぶりくらいです。

今まで使っている成分を一部リニューアルとかは毎年するのですが
工程そのものを加えるのは結構慎重なんです。

コストや手間が上がれば料金もあげなくてはいけなくなってしまう。
アンビーの考えとしてはトリートメントは美容室でのケアとして普通になって欲しいので
あまり料金をあげたくないんです。

ということで今回も料金アップなし!
それなりに高価な成分なのでコスト的には厳しいけど、、、ぐっとこらえて料金据え置きです!!

アンビーの売りであるトリートメントに採用されるってことはそれなりに効果が高いって事だと
思っていただいていいと思います。

じゃジマレイン酸てなんなん?て話。

僕が初めて存在を知ったのは海外でのブリーチの添加剤の主成分だった。

ブリーチやハイトーンしても痛まないよー!的な商品でした。

僕は疑り深いので売り文句をそのまま信じることはないですし、化学的根拠がない薬剤も信用しません。
なにより当時は日本未発売だったので手に入りませんでしたし。

その後、類似品が日本でもバンバン出てきたんですね。
酸を使ったトリートメントと言われる分野で海外での仕様に習って
主にカラーの添加剤として発売されました。
例としてファイバープレックス、オラプレックス、スマートボンドとかですね。
これらの主成分がジマレイン酸です。

アンビーではカラー処理剤として(ラネス-40マレイン酸Na/スチレンスルホン酸)コポリマー、いわゆるミルスタイルを使っていたのでジマレイン酸商品を使ってもびっくりするほどの効果を
感じませんでした。

その後、ジマレイン酸の特性とミルスタイルとの作用違いとか理解して
使ってみると。。あれ?すげえいいかも(笑)

ジマレイン酸をカラーの添加剤って思ってると
そもそもアンビーみたいにダメージの少ないカラーとか香草カラーとか
ダメージに気を使ってるだとさほど感動しませんでした、他にも質感上げる処理剤いっぱいあるし。。。

もともとブリーチとかのすげえ痛むカラー用の処理剤だから考えたら当たり前でした(笑)

そこでトリートメントに使ってみることに、
ジマレイン酸の効果は薬剤処理でのタンパク質の流出抑制。

今までもタンパク質抑制系の処理剤はあったけどテストの感じでは抑制効果が段違い。

ミルスタイルはどちらかというと皮膜系なので効果の方向性が違うんです。

ジマレイン酸は内部補強、ミルスタイルは質感向上と皮膜効果。

上記の酸系トリートメント商品でも両方が含まれてる商品があるのも納得でした。

そう思って使うと縮毛矯正との相性もいいので手放せなくなってしまいました。

そんなこんなありましてジマレイン酸が有効なことがわかったので
ジマレイン酸の工程をトリートメントに追加しました。

マレイン酸に対する特許も結構面白い(マレイン酸を含むトリートメントの特許)のがあるのでいろいろ検証しつつ
より良いアンビーオリジナルトリートメントを提供できたらと思います。

そういえば前回臭いってかいたグリオキシル酸でしたが臭くないタイプ取り寄せて実験したら
濃度と使い方によっては臭くならないです(笑)

そんなわけでグリオキシル酸も現在必死で検証中なのでそのうちメニューになるかも?です。
お楽しみにw






押してくれると書く気力が生まれます!
ポチって下さいヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

LINEでの予約、ご相談が可能になりました。
「高円寺の美容室envie」を友達追加お願いします。
友だち追加

ビビリ専用シャンプー、トリートメント「mana-ui」がネットで買えるようになりました。


by envie02 | 2019-02-21 17:51 | トリートメント | Comments(0)
酸熱トリートメントについての質問が増えて来たのでブログにして見ました。

酸熱トリートメントとは酸と熱を使ったトリートメントのことで
メインの成分はタイトルにもあるグリオキシル酸。

酸熱トリートメントは縮毛矯正とトリートメントの間くらいって売り文句です。
ネットでは
「全く痛まず、髪の癖が落ち着く魔法のトリートメント」
「改質改善もできるし、癖も伸びる」などなど。。。。

へーすごいね(棒読み)

そんな訳はないでしょ?と思うわけです。

僕もグリオキシル酸の実験とかして前にブログも書いてます。

この後もいくつか実験実験したのですが結局サロンメニューには採用していませんでした。

なぜかというと臭いから。。。。

僕はある程度髪に良くても臭が出ちゃう薬剤はできるだけ使わないようにしてます。
他に代用できない状況なら使ったりしますけど、、、
グリオキシル酸の他にはスピエラなんかも臭いからあまり使いません。。。

ちょっと脱線しましたが、痛まない魔法の薬剤なんて無いと思うのです。

グリオキシル酸もss結合を切らないで髪の形状を変えるっていうのが
いつのまにか還元剤でなくトリートメントで髪質改善しつつ癖を落ち着けるみたいになっている。

f0216597_12202262.png
グリオキシル酸が癖を落ち着かせるメカニズムは僕も前に実験してた時は
まだよくわかってないとか言われてたんですよねえ。。

とりあえずwikiみたら鉄の還元剤って書いてある。
パーマの還元剤で最もメジャーなチオグリコール酸もサビ落としにも使う還元剤だし、
グリオキシル酸が還元剤じゃないってのは嘘でしょうと思うわけです。
ただss結合は切らないで形状を変化させる還元剤ってだけです。

グリオキシル酸が髪の形状を変化させるのに必要なのが「熱と脱水」。
これが「酸熱」と言われる所以かと思います。

アルカリも使わないし、ss結合も切らないので確かにダメージは少ないと思いますが、
「ノンダメージって事は無いです」。

さっきから形状の変化って言ってますが、パーマや縮毛矯正のように
「思い通りに形を変えられるわけでない」っていうのも大きなポイント。

あくまで「若干」なんですよ。若干、きもーち癖落ち着いちゃうよ。
細毛の弱い癖なら扱いやすくなるよって感じ。
使い所はあると思うし、質感もいいので割と好きです臭くなければw

しかもこの形状変化はss結合を使った変化のように再結合ができない、不可逆性の形状変化なので
良く言えば「持ちがそこそこいい」。
反応する場所が少しなのでそこそこ。
反応する場所が少しだからたまにするにはさほど問題ない。

ただ

ネットの売り文句につられて
毎月のようにガンガン酸熱トリートメントしまくると、、、
髪の質感が硬くなったりとかパーマがかかりにくくなったりとかっていうデメリットも出て来ます。

こんな感じなので決して魔法のトリートメントではないのです。

最近では臭くないって言われてるグリオキシル酸も出て来たのでもう少し色々実験してみようと思います。
臭くなければ使い所色々あると思うので、そのうちメニューになるかもしれません(笑)

話は変わりますが
アンビーのトリートメントにも酸熱の理論を取り入れましてパワーアップしました。
成分的には今回のグリオキシル酸ではなく「マレイン酸」という成分を追加してます。

アンビーのトリートメントはオリジナルなのでいい成分や手法を取り入れて
常に最高のパフォーマンスを出せるように日夜研究してます。

次回はマレイン酸について書く予定です。








押してくれると書く気力が生まれます!
ポチって下さいヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

LINEでの予約、ご相談が可能になりました。
「高円寺の美容室envie」を友達追加お願いします。
友だち追加

ビビリ専用シャンプー、トリートメント「mana-ui」がネットで買えるようになりました。


by envie02 | 2019-02-14 12:58 | トリートメント | Comments(0)
envieでは洗い流さないトリートメントとしてオイルのタイプとミストのタイプを用意しています。
f0216597_10085130.jpg
ミストタイプ innercmc6.6 200ml ¥2500(税抜)

f0216597_10075457.jpg
オイルタイプ スムースオイル 80ml ¥3,000(税抜)

よくオイルとミストどっちを使った方が良いか?と聞かれるのですが

オイルはしっとり感やまとまり感が得やすくツヤ感も出やすいので効果がわかりやすい。

ミストはべたつかずさらっとした仕上がりで髪質を選ばず使いやすい。

ちなみに僕はミスト推しです。

って感じで終わると書くのは楽ですが僕がミストを推す理由を小難しく書いてみますw


オイルにもミストにも髪をしっとりさせる油分が含まれています。
油分は皮脂成分とCMC成分に分類されまして。
皮脂成分は低温でも溶けやすい性質があります。
CMC成分は高温にしないと溶けません。

オイルには溶けた油分(皮脂成分)が配合されていまして透明な色が多い。

ミストにはCMC成分が配合されていまして白濁してることが多い。

今はアイロンやコテを使う人も多いと思うのですが、アイロンやコテは痛みます。
傷んでパッサパサの毛先にはしっとり感が欲しいと思うのが人の心理なんで、オイルが好きな人が多いように思います。

オイルを使ってもしっかり乾かしてアイロンやコテをすればさほど問題はないんですが、
水分が残った状態でオイルタイプ(溶ける油分)をアイロンやコテで熱すると髪の内部のCMC成分を溶かしてしまいます。

感覚的には水じゃ取れないファンデーションをオイルクレンジングする感じと思ってください。
ちなみにオイルクレンジングが無いときはサラダ油でもファンデーション落ちます、これ豆知識w

なのでアイロンやコテ使う人でオイル派の人は絶対しっかり乾かしてから使いましょう。

その点ミストタイプは溶けにくいのでアイロンやコテの前に使ってもCMC流出への影響は少ないです。
もちろんミストでも乾かして使うんですけど、オイルクレンジングみたいな現象は起きません。
ミストが白濁してるのは溶けないCMC成分が拡散しているからなのです。

それでもミストじゃもの足りねーーー!って人は

ミスト使用して乾かしてスタイリング後にオイルを気になる部分になじませてからwaxやスタイリング剤を使う。

同じくミストでスタイリング後にグロススプレーなどで油分を補う。

そんな感じにするとしっとり感を得ることができます。

くれぐれもアウトバスをつけたらしっかり乾かしてからスタイリングしましょう。

私はドライヤーだけなんで関係ないわーって人も
ダメージ毛ではオイルタイプでのCMC流出が起きやすいので
濡れたままドライヤーの熱も結構危険です。ご注意下さい。

そんなわけで僕は問題が少ないミスト推しです。
質感が足りなかったらスタイリング後に補うか
ミスト+オイルでベースを作ってしっかり乾かしてからスタイリングしましょう。

押してくれると書く気力が生まれます!
ポチって下さいヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村




by envie02 | 2017-03-23 10:45 | トリートメント | Comments(0)
トリートメントって
何となくしとけば髪に良いって印象ありません?

僕はトリートメントも

いや

トリートメントこそ技術力が必要なんだと思います。


どーかクリックをお願いします!!
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村


自分が大きいサロンに居た頃
トリートメントは薬剤だけ指定して


あとはアシスタント任せ



出来が良くても悪くても
薬剤の性能とその人の髪の状態によるからしょうがない。。。



そんな風に思ってました。





でも

トリートメントを研究して




最も酷いダメージ『ビビリ』の施術をするようになってから




考え方は変わりました。




トリートメントってちゃんと理解して施術すれば
どんなデザインにもマッチするし
効果だって変わる。



人の髪質は色々



でもパブリックな美容室用のトリートメントは
しっとり用、サラサラ用とか
カラー、パーマ、縮毛矯正用とか
細い髪、太い髪用とか

それぞれせいぜい2〜3種類あれば良いかな?って感じ。


カラーとパーマしてたらどっち使うねん?

カラーと縮毛矯正してる人でも
細い髪、太い髪いますけど???



ダメージレベルも髪質も



どこにボリュームが欲しいとか



この部分が傷んで広がるとか



毛先が引っかかるけどペッタリするのは嫌とか



人によって全然求めるものは違うはずなんです。




何となく
「傷んでるからトリートメントしとけばOK!」みたいな気持ちで
トリートメントするより



カットやカラーやパーマのように
ボリューム感や質感をデザインする事が
トリートメントで出来れば



きっとヘアスタイルも輝くはずなんです。

f0216597_16542457.jpg




例えばこの女性のトリートメントなら



f0216597_172556.jpg

大きく3つのゾーンに分けて


どんな成分をどれくらい使うか
どんな使い方をして
どう組み合わせたら求める仕上がりになるか


大きな3つのゾーンの中の髪でも
状態によって細かく変えます。


その髪のダメージや
仕上がりを想像しながら


ただどばーーーと塗ればいい
ばっしゃばっしゃ沢山つければいい


そんなもんじゃないんです。


細かく
お客様の髪の状態を把握して
心を込めて有効成分を浸透させて行きます。


でもさらっとやってるんで
そんな風には見えないらしいデスケド。。。。w

もちろん
パーマ以外のスタイルも
きちんとゾーン分けしてケアします。
f0216597_17305872.jpg



そんな想いを込めて作った
envieのオリジナルトリートメント

「オーダーメイドトリートメント」

envieで一番人気のトリートメントです!


値段も¥3,670とリーズナブルなのは

ずっと続けて欲しいから。


トリートメントは奇跡的に髪を治すものではなく
今よりも髪の状態を良くして
ツヤやまとまり、デザインを助けるもの
今の状態よりもダメージを進行させない為のものですから


高円寺の美容室envie
by envie02 | 2014-01-30 17:39 | トリートメント | Comments(0)
普段からなんとなくトリートメントって言葉使ってまして
トリートメントって
モノというか商品やメニューとしてもイメージ。


どーかクリックをお願いします!!
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

辞書で調べてみました。

トリートメント【treatment】
手当て。治療。


実際は
商品のことではなく


手入れや治療など行為のことを指します。



世間では色んな議論、理論などがあって
シャンプーが髪を傷ませる
水が髪を傷ませる
トリートメントが髪を傷ませる
熱が髪を傷ませる
紫外線が髪を傷ませる
乾燥が髪を傷ませる
ブラッシングは髪を傷ませる
石鹸は髪が傷む
などなどいろいろあります。


いろんな理論には
ある側面を意図的にクローズアップして
評価するものも多くて

「嘘じゃないけど本当でもない」レベルの理論も多いように思います。


極論で言えば「髪は生えて来た瞬間から何をしても傷む方向に進む」のです。

髪は生物学的には死滅細胞なので生物学的に良くなる(自己修復、成長など)事は
無いのです。

でも個人的には
髪が生きてる、死んでるとかより
「キレイでつやのある髪がどこまで保てるか」とか
「髪の傷みをどこまで抑制しつつヘアスタイルを楽しむか」
そういった観点でトリートメントをオススメしています。


美容師であっても色んな理論のうちどれを採用するかは
そのサロンの方針とか商売的な都合とかいろいろあると思います。

選ぶのはお客さまですので
魔法でも奇跡でもお客様が喜んでもらえば良いんじゃないかと思うのです。


うちのサロンenvieでは
トリートメント【treatment】
手当て。治療。


そういった原理原則に沿って効果や効能を研究しお客様に提供するっていうスタンスを
とっています。


常識を覆す手法とか
奇跡の魔法とか

そう言ったものはありません。


お客様にもわかり易いよう例えると

例えば
「お寿司」という料理があったとします。

お寿司といっても
回転と職人さんが握る店では味が違いますよね?

回転寿しでもお店によってコンセプトや味もちがうし
一般的なお寿司屋さんと高級なお寿司屋さんではまた違いがあると思います。

そんなお寿司の世界で「奇跡」とか「魔法」っていうモノが有ったとして

それって卓越した職人さんの腕だったり、食材やシャリへのこだわりだったり
今の原理原則を突き詰めて昇華させた延長上にある「評価が奇跡や魔法」と思います。


お寿司になんか振りかけたら奇跡とか
お寿司のシャリにこれ混ぜたら画期的とか

あまりそういうのに評価が集まる事無いのに


美容の世界ではそう言った現象が多くあるんですよね。。。



envieでは
奇跡も魔法も常識を覆すこともしませんが

積み重ね、磨き上げた知識や経験をもとに
一人一人に合わせたトリートメントをしています。

ステップ式のものをそのままやるだけ
有名なものを使うだけ
これは良いものだからそのまま塗っとけ

すくなくともそんなトリートメントよりは
効果を実感してただけるよう
日々研究をしています。




高円寺の美容室envie
by envie02 | 2013-06-30 11:48 | トリートメント | Comments(0)
今日は久々にトリートメントのお話です。

まずはクリックをお願いします!!
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

2012〜2013にかけての最新トリートメントの傾向として多く見られのが、
ナノ脂質によるコアソルベートを利用したインナーコンプレックス(内部補強)
ポリイオンコンプレックスを利用した外部補強
高精度皮膜を利用した外部補強
ヘナなどの植物系
ヘナなどの植物系を除く上記3種から1〜2種を従来式と組み合わせたトリートメントが流行です。

ナノ脂質を用いたコアソルベート系トリートメントは表現的に「内部強化、内部補強、インナーコンプレックス、内部反応形」などのが使われます。

ポリイオンコンプレックスを利用したトリートメントは表現として「反応形、多重皮膜、コンプレックス皮膜、反応皮膜」などの表現が使われます。

高精度皮膜系は新しいタイプの油脂、シリコーン、ポリマーなどを用いていますので表現的に「第3の皮膜、究極皮膜、疎水皮膜」などの表現が使われます。

ではenvieで行うトリートメントはどうなのかと言うと
「3種全部の方式を使っています」
プラス植物系トリートメントの良い所だけを加えています。
さらに企業秘密な方法も加えて5種の方式を使ってるんですよ。

envieはだてにトリートメントの研究してる訳じゃないのです。

新作と言われるトリートメントのサンプルが届く度に
envieのトリートメントと比較して
「ふっ」or「にやっ」と密かに勝利して喜びます(笑)

まだまだまだまだ

世の中の最新のさらに先を目指して頑張ります(o ̄∇ ̄)/
by envie02 | 2012-11-29 14:43 | トリートメント | Comments(0)
サロンにいらっしゃるお客様には
あまり馴染みの無い話題かもしれませんが、
美容師にはトリートメントに対して
同じ施術をしても
「修復」と捉える人と
「ごまかし」と捉える人がいます

クリックをお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

これはどちらが間違っていると言う事は無いのです。

単純に捉え方の違いです。

では双方の言い分をまとめてみます。

まずは
トリートメントは「ごまかし」派

髪は死滅した細胞なので、どんなタンパク質や栄養や成分を使った所で
修復はしない。

これはこれで正解と思います。

この理論を推奨する美容師さんの中には
「トリートメントは髪が傷む」という人もいます。
これについての僕の考えは過去のブログに書いていますのでそちらで(笑)
トリートメントは髪が傷む?

読むの面倒な人向けにざっくり言うと
「視点が小さいしネガティブな思考過ぎじゃね?」って感じです(笑)
こういう意見て人の興味を引きやすいので
わざとこういう風に書いてる人もいます。


次に
トリートメントは「修復」派

僕もこちらの考えなのですが、
髪が死滅した細胞という事も知っていますし、毛髪科学的な修復(元通り)にならない事も
理解しています。

その上でいかに傷みの無い状態に近い、毛髪の状態まで現状を改善出来るかを研究しています。
そういう意味で「修復」と考えています。

これは僕の感覚的には歯の治療と似ていると思います。
虫歯や何かの原因で歯が欠けてしまったり、抜けてしまったら
何を使っても元通りにはなりませんよね?

でも元通りの状態に近づける方法は
入れ歯であったり、銀歯や金歯、差し歯、ブリッジ、インプラントなどなど
いくつかある訳で
アプローチや効果、見た目なんかも違って来る訳です。

これが歯科医では「治療」であり美容室では「修復」であると考えています。

なによりも個人的な意見としては
「お前の髪ごまかしてやるよ」って言う美容師よりも
「あなたの髪を精一杯、修復出来るよう頑張ります」って美容師になりたいです。
by envie02 | 2012-01-18 13:03 | トリートメント | Comments(0)

紫外線対策の続き

ちゅうと半端に終わった紫外線対策の話。

なんか海とかどうでも良くなって来ました(笑)

クリックをお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

街でも山でもプールでも紫外線ありますから

ざっと調べた所。

通常の生活では紫外線防止効果はSPF15程度で充分だそうで
一日中強い紫外線にさらされる状態ではSPF30くらい。

これは肌の基準ですが髪でも同じようなもんだと思います。

前回植物系やオイル系は効果弱いよって書きましたが
数値にするとSPF3〜6程度です

やっぱり紫外線対策としては弱いんですよね。

高いSPFを実現するにはどうしても鉱物由来の成分になってしまうんですね。

肌の弱い人は鉱物系の成分に対して敏感な人もいるので
注意は必要ですが髪であれば比較的安心して使えるのではないでしょうか?

f0216597_10121142.gif

ちょっと成分も紹介
ベンゾフェノン系(オキシベンゾン) UVA UVBに効果
ジベンゾイルメタン系(パルソ−ルA,1789) UVAに効果
安息香酸系(エスカロール507) UVBに効果
サリチル酸系(ホモサレート)UVBに効果
ケイ皮酸系(パルソールB、サンガードB、ネオヘリオパンAV) UVBに効果

この辺が入っていればそこそこの紫外線防止効果は期待出来ると思います。

でもやはりスプレータイプのものは
水や海水で流れてしまいがちなので
トリートメントでベースをしっかり整えるのも大事です。

そう言えば忘れてましたが
オリジナルトリートメントmana-uiには
天然系で紫外線防止効果の高い成分も入れてあります

押してください(@゚ー゚@)ノオネガイ

にほんブログ村 美容ブログ 縮毛・縮毛矯正へ
美容ブログ 縮毛・縮毛矯正
↑クリックしてね♪
by envie02 | 2011-07-23 10:12 | トリートメント | Comments(0)
前回の記事

書いた後念のため薬局に調査行ってきました(笑)
幾つか商品の裏をじーっと見てる怪しいおっさん(←俺)に
きっと店員さんも嫌な思いだったかも知れません。

ゴメンナサイm(-_-)m スマヌ

とりあえず、クリックをお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

そこで気がついたんですが
最近の市販品には前回書いたシリル化の栄養素はどこも配合してませんでした(笑)

原料高いからですかね?

変わりにもーーと安い。
オイル系が入っていたんです。

そもそもオイルのヒートアクティブって
髪を補修するとか言う感じでも無いんじゃないかと

オイルの働きは
コンディショニングと保護なんですよね

オイルは特別な物じゃなくても
熱で粘性が変化するので
髪に対して吸着率や浸透率はあがります、
でも効果はコンディショニングと保護。

だから洗い流さないトリートメント
としてはそれなりに優秀なんですよ。

でもお風呂で使う商品で。。。

ま市販品なんでしょうがないです
安いですし。

ちなみに洗い流さないトリートメントで
オイルタイプは単一オイルのものより
数種類のオイルが配合されているものが良いと思います。
特に植物オイル系は複数のオイルで
各植物オイルの短所を補完できるので5〜6種配合されてると安心です。
精製タイプのコンディショニングオイルは
もともと調整されているので1〜2種でも大丈夫です。

にほんブログ村 美容ブログ 縮毛・縮毛矯正へ
美容ブログ 縮毛・縮毛矯正
↑クリックしてね♪

美容室envie新高円寺公式ホームページ
by envie02 | 2011-05-07 11:36 | トリートメント | Comments(0)
「熱で髪を補修」とか
「熱で髪に浸透」とか
こういう熱で効果出る事をヒートアクティブ効果と言います。

とりあえず、クリックをお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

ヒートアクティブって
熱や乾燥によって低分子だった栄養素が結合しながら
高分子になり髪に吸着させるテクノロジーで
シリル化って言われる化学装飾された栄養素なんです。

このシリル化された栄養素は艶も出やすく
カチオンよりも強い結合力を持っています。

このシリル化された栄養素以外にも
乾燥や熱で吸着する栄養素はあるのですが
厳密には「ヒートアクティブ」では無いと思ってマス。
こっちはもともと高分子で張り付く感じなんです。

これって濃いとパリパリってするんで
扱いにはそれなりにコツが必要なんですよね。

でも市販品はぜんぜんパリパリしないんです。

これは単純に「中身がうすーーい」んですよね。

よって市販品の効果は気休め程度になっちゃいます(笑)

にほんブログ村 美容ブログ 縮毛・縮毛矯正へ
美容ブログ 縮毛・縮毛矯正
↑クリックしてね♪

美容室envie新高円寺公式ホームページ
by envie02 | 2011-05-04 16:46 | トリートメント | Comments(0)