人気ブログランキング |

envieの店長、松宮のブログです。縮毛矯正やデジタルパーマが得意な美容師として、薬剤のことや美容の難しい理論をできるだけ簡単に書いてます。プライベートやくだらないことも書いてます。。。


by envie02

信じられる人 高円寺の美容室envie

美容室選びが難しいという記事を書いたら思ったよりも反響があった。


今回は自分はどうやってお客様に選んでもらっているかを自分なりに考えてみました。

これは俺すげーぜっていう内容では無くて、自分はこう思ってやっています的なお話です。

僕の場合元々人見知りで、知らない人と話すのが苦手だったので
美容師になってからも会話に苦労しました。

さすがに数年やっているとある程度の会話は出来るようになりますが、コミニュケーション能力が高い人には比べたらまだまだな感じで。すごく「差」を感じたんです。

若い頃の僕はその「差」を技術や知識で埋めようと結構練習や勉強をしました。
おかげでそれなりに評価されるようにはなっていました。

しかしちょうど少し調子に乗っていた頃に「僕はお客様の髪をビビらせてしまった」のです。
すごくショックで当時働いていたお店を辞めようか、美容師すら向いていないんじゃないかと凄く悩みました。
本当に辛いのはお客様だというのがわかっているだけに、余計悩みました。

それがきっかけで自分でトリートメントの研究や縮毛矯正の研究して、アンビーというお店を出店するにあたって当時はネットや業界を見てもほとんどやっていなかった他店での失敗やビビりを修正する技術も身につける事が出来ました。
ビビり修正をやるようになると、とてつもなく難しい髪質やどこでやっても伸びない強い癖毛の人なども来るようなり
もう二度と失敗したくないという気持ちと、自分を信用して来てくれるお客様への責任から勉強しても勉強してもまだ足りないと思いながらも研鑽を続けて、もうアンビーを初めて13年経ちました。

こうして僕は高度なコミニュケーション能力を身につける事なくなんとか美容師をやっている訳です。。。

話が長くなって何が言いたいかわからなくなって来たのでまとめると。

ずっと責任感と向上心をもってやって来たことが評価されているのではないかと。

一文にするとすごく当たり前のことですね。。。。。

もう一つアンビーでは広告やホームページ、ブログ等での表現や実際のお客様とのやり取りで「嘘をつかない」ということを意識しています。

これも一文にすると当たり前感がありますね。。。

たとえば広告では
「髪が痛まない縮毛矯正」 「やればやるほど髪が綺麗になる縮毛矯正」みたいな表現は使いません。

アンビーでは「髪の痛みを極限まで減らした縮毛矯正」みたいな表現をします。 
それでも「極限とか使って良いのか俺?」というプレッシャーを自分にかけてこれ以上は理論的に限界だろって所を目指すようにしています。

お客様にも出来ない場合は断ります。

スタッフに対しても一度した約束は口約束でも必ず守るようにしています。

ビビりのお客様は「大丈夫ですよ、綺麗になりますよ」って言ってほしくて来ているのはわかっていますが。
どうしても「出来るだけ改善するように施術しますが、ビビりが治ることはありません」と言っています。

なんでも本当のことを言ったら正義とは思っていないのですが、どうしても「嘘」をつきたくないんです。

根拠のない自信を持って「綺麗に出来ます!」っていうより。
100パターンの実験結果をもって「これだけ改善する確率を上げる事が出来ます」の方が僕は好き。
だからホームページでも長くて小難しい文章を書きます。

こうやって長い文章を読んでいただければある程度僕の考えとか、人柄っぽいものが伝わったら良いなと
思ってブログも稚拙な文章ですが書いています。

人に「信用してください!」って言ってもなかなか簡単に信用してもらうことは出来ません。

でも何か僕が作っているもの、ホームページでもブログでも広告でも写真でもなにか感じる事がもらえて
来店してもらえる事が出来たら、少し信用される確率は上がるかなと思ってこれからも頑張りたいです。


本当はイケメンに生まれて、コミュニケーション能力が高くて、センスがよくて、カリスマ性があったらもっと楽に美容師出来たんじゃ?って思ってますけどね(笑)





押してくれると書く気力が生まれます!
ポチって下さいヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

LINEでの予約、ご相談が可能になりました。
「高円寺の美容室envie」を友達追加お願いします。
友だち追加


by envie02 | 2017-09-03 17:36 | 美容室envie新高円寺