人気ブログランキング |

envieの店長、松宮のブログです。縮毛矯正やデジタルパーマが得意な美容師として、薬剤のことや美容の難しい理論をできるだけ簡単に書いてます。プライベートやくだらないことも書いてます。。。


by envie02

ダメージレス縮毛矯正の考え方2 高円寺|美容室envie

新高円寺envieの説明書


にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村


やっぱりビビリ修正は難しい

f0216597_12262289.jpg

    →→→ビビリ修正の依頼、お問い合わせはこちら

縮毛矯正の失敗は取り返しがつかない
f0216597_12263482.jpg



トリートメントだってデザイン出来る♪
f0216597_12292098.jpg


技術向上の為にマニアックな実験もします(。-_-)ノ☆
f0216597_12321627.jpg


ーーーーーーー
ダメージレス縮毛矯正の考え方1

続きです。


縮毛矯正のダメージの原因はざっくり言うと
薬剤のダメージ
熱のダメージ
施術でのダメージ
この3つに分類されます。

薬剤ダメージの軽減についての考え方はダメージレス縮毛矯正の考え方1を参照して下さい。


次に大きいと言われているのが熱ダメージ
縮毛矯正はほとんどの場合熱を伴う施術を行います。
ブロー矯正
アイロン矯正
このどちらかに分類もしくは組み合わせています。

なぜ熱を入れるかと言うと熱を入れた方が
形成力が上がってクセが良く伸びるから。

熱についても一般的な施術セオリーが存在します。

一般的には
ブロー矯正は形成力が低いので強い薬剤が必要(熱ダメージ小 薬剤ダメージ大)
アイロン矯正は熱が高いけどある程度の薬剤で済む(熱ダメージ中 薬剤ダメージ中)
このような括りです。

いまはどちらかと言うとアイロン矯正が主流です、なぜかというとブロー矯正ほど
施術者の技術差が出ないからです。つまりはアイロン矯正のほうが良く伸びます。

強い薬剤をつかってアイロンをいれれば美容師であればある程度伸ばす事が出来るので
安い縮毛矯正をするサロンが存在出来ます。

形成力が高いアイロンであっても薬剤のパワーが下がれば
クセは伸びにくくなります。

だからといって薬剤のパワーを上げれば髪は傷みます。

なので安い矯正=薬剤パワー強*熱ダメージ強=美容師側楽で時間かからない=傷むこのような図式が成り立つようになります。

詳しく説明すると
ダメージを気にせずクセを伸ばす事だけを考えれば。
薬剤のパワーを上げて(強くして)
適当にアイロンをすれば
そこそこクセは伸びます。

しかし
クセを伸ばしやすいアイロン矯正はその形成力の高さから
無理に引っ張れば枝毛や断毛の原因を作りますし、
頭の丸みを意識しなければ不自然なストレート感が出ます。
強い力で握りすぎれば不自然な仕上がりと伸びた後(数が月後)の広がりを作ります。

さらに
強い薬剤をして技術の未熟なアイロンをすると
髪の丸い形状が押しつぶされたり(→不自然になり時間経つとツヤがなくなる)
断毛の原因となったりします。

それでも慣れていないアシスタントにアイロンを任せるサロンが多いのは
いちおう強い薬剤とアイロンすればクセはそこそこ伸びるからです。


アンビーの施術ではアイロンとブローの良い所を組み合わせて形成力を上げています。
その為薬剤のパワーを少し落としてもクセが伸びる(=傷みが少なくしっかり伸ばす)事が
可能なのです。


簡単に形成力をあげるといっても、一朝一夕で出来る物ではありません。
髪の水分コントロール
髪質とクセと熱伝導率からスライス幅やアイロンが進むスピード
アイロンを入れる角度までしっかり考えて施術する事で形成力を上げています。
これも薬剤ダメージのように少しでも髪にダメージを与えない事を
積み重ねて積み重ねての結果が形成力の上昇につながっています。

比較的縮毛矯正に慣れているお客様ほど施術を受けると
「丁寧だな」と感じて頂けるようです。


次に施術上のダメージ
これは
行程に関わるもの
物理的なものの
二つに分類されます。

行程はどのタイミングでどんなトリートメントや毛髪処理剤を使うか
アフター処理の有無や炭酸泉使用の有無などでダメージが変わります。

物理的な物は
ブローやアイロン操作での力加減
シャンプー後に髪をどんな力加減でとかすか
薬剤を塗ったときの重みや角度などを計算しているか

などなど多岐にわたります。


こういったようにアンビーでの施術は一般的な縮毛矯正とは違いますが
一つ一つにきちんと理由があり、
その一つ一つの積み重ねがダメージレスな縮毛矯正につながると考えています。


他のサロンから比べれば面倒で特別な事でも
アンビーにとっては当たり前で普通の事なんです。


薬剤*熱*施術でのひとつひとつ丁寧な仕事と
細かくこだわった髪を傷ませない要素の積み重ねがアンビー式縮毛矯正の良さだと自負しております。



一つ一つ意味のある物をこだわってこだわって積み重ねたからこそ
「縮毛矯正に自信があります」と言えるようになりました。



これからもダメージレスを追求し進化し続ける縮毛矯正でありたいと思います。


※ココに書いてある理論はイメージ的な要素も含んでいますし、髪質全てを一概に表す事はできませんのでイメージや一例として考えて下さい
ーーーーー
ご新規様にはオトクなキャンペーンもあります


高円寺の美容室envie
by envie02 | 2014-12-12 19:31 | 縮毛矯正