人気ブログランキング |

envieの店長、松宮のブログです。縮毛矯正やデジタルパーマが得意な美容師として、薬剤のことや美容の難しい理論をできるだけ簡単に書いてます。プライベートやくだらないことも書いてます。。。


by envie02

傷まないカラーを求めて 高円寺|美容室envie

最初に言っておきます。

全く傷まないカラーと言うのはこの世にありません。


f0216597_13423985.jpg

でも通常のカラーよりも傷みをもっともっと少なくする事は出来ないか?


これは出来ると思います。


ほぼダメージレスと言われる
マニキュア
香草カラー
ヘナ
などはカラーに比べてほぼ傷みを感じないくらい髪に負担がかかりません。



しかしこういったダメージレスカラーの類いは色表現が苦手!!



基本的に明るく出来ないし、色も制限されてしまうのが最大の欠点でした。



香草カラーのHTタイプは少し明るく出来るのですが色はブラウン系しか選べません。




可愛い色にしたい人は通常のカラーにするしかないって言うのが今迄の常識


可愛い色で傷ませたく無い人にはカラー後の処理で必死でダメージをケアするしか無買ったんですよね〜



そこでアンビーでは研究に研究を重ねて新しいカラーメニューの提案



ハーブサプリカラーを始めました

しかも今なら¥7000→¥6000!

普通のファッションカラーと同じ料金で誰でもお試し出来ます。

髪質や履歴によっては香草カラーが良いお客様もいるのでそこら辺は相談して下さい。



というコマーシャルだけだと面白くないので



そもそもカラーの傷みってなんでなるのかてお話。


通常のカラーでのダメージ主な原因と言うのは
高いPHとアルカリ度によるダメージと
メラニン色素を脱色する際のダメージ。

なんとなくイメージ的にパーマよりカラーのが
傷まない感じしません?


でも実はカラーのphとアルカリ度ってパーマよりずーーと高いんですよ。

こんな感じ
f0216597_13434667.gif



これは市販でも美容室のカラーでも大差無いです。
パーマ液のハードタイプがph9〜9.2前後
カラーはph10〜11前後
ブリーチはph12前後


黒やダークブラウンみたいに髪を明るくしなかったら
傷まないと思われがちですが
メラニン色素破壊のダメージは少なくなりますが
phとアルカリによるダメージはさほど軽くなりません。


カラー直後の髪を見てみましょう
f0216597_13471341.jpg


キューティクルがけばけばしていかにも傷んでる感じですよね〜
普通にカラーするとこんななります。

セルフカラーとか安い美容院のカラーはこの状態。
カラー剤が安いとか高いとかではさほど変わらないです。


これをアルカリキャンセルしたり炭酸使ったり色々やると
こんな感じなります。
f0216597_13493385.jpg

個人差ありますけど毛羽立ちがかなり改善してます。


今迄のベストを尽くしてこんな感じですね〜



今まではね!




カラーのphやアルカリ度が高いのはそういしなと
通常のカラーの主染料成分のジアミンがしっかり髪に入って行かないから。



つまりph高くてアルカリがそこそこ無いとカラーは染まらないからなんですよね。




今までは!





でもHC染料と塩基性染料ってのはすこしのアルカリで染まるんですよ。
でも特にHC染料はすぐに色落ちするけどすごく色がキレイ。
塩基性染料はコントロールが難しいでも色はけっこうキレイ。
植物系カラーはコントロールが難しいうえに色そのものが限定される。



じゃあやっぱり安定してるジアミン系の普通のカラーだよね



と言うのが今まで。




アンビーが新しく始めたハーブサプリカラーというのは
こういったカラーの長所短所を組み合わせて相互に補完したカラーです。


簡単に相互補完と言っても
コントロールが難しいカラーも組み合わせているので
当然コントロールは難しくなります。

なので

全く新しいカラーでは無いけど普通のサロンで導入するのはとても難しいレベルです。
そういった理由で高円寺ではアンビーが初です。


最近は自分の髪の白髪染めもこれでやっていますが
「もの凄くいいです!!」



宣伝とかで言ってる訳じゃなく
今までのカラーとは別物だなって自分で染めてみて感じます。




ぜひお試しを。




にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村



ご新規様にはオトクなキャンペーンもあります


高円寺の美容室envie
by envie02 | 2014-11-09 18:43 | カラー