envieの店長、松宮のブログです。縮毛矯正やデジタルパーマが得意な美容師として、薬剤のことや美容の難しい理論をできるだけ簡単に書いてます。プライベートやくだらないことも書いてます。。。


by envie02

やっぱりビビリ(縮毛矯正の失敗)修正は難しい 美容室envie|高円寺

だいぶ秋らしくなって来ましたね。

夏は結んでいた髪を下ろしてみると

いつのまにかこんなにクセが!!

そんな感じで縮毛矯正をかけたお客様が
不幸にもビビってしまう。。。

すこし落ち着いたビビリ修正の依頼が
また増えて来ました。

どーかクリックをお願いします!!
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村


やっぱり最近多いのは
ビビったのを直そうとして悪化させてるケース。


担当の美容師さんも自分の失敗を
なんとかリカバーしたいと思ってはいるので
必死なんでしょうけど、悪化させるくらいなら
触らない方が良いと思うのですよ。。。。


自分が完全に直せてしまう訳では無いですが
担当する施術数もかなり多く
色んなケースを見ているので
恐らく若い美容師さんや一般的な美容師さんよりは
対応出来るケースが多いと思います。


envieのホームページにも注意事項や施術など出来るだけ
詳しくかいてあるのですが。
ビビリ修正のご相談


一番知って欲しいのは
一度ビビった髪が完全に治る事は無いって事


最近ではビビリ修正出来ますなサロンも見かけるように
なりましたが、そういったサロンでの
修正のケースは比較的簡単な
カラーダメージメインのアルカリビビリ
パーマでの広がりを伴うビビリなど
比較的簡単なビビリケースを修復して載せている物が多いです。


自分でも判断出来る難しいケースは

①シャンプー中に毛先などダメージが酷い部分が硬くなっていて(他の部分との手触りが違う)
シャンプー後にトリートメントをつけても硬さを感じる状態。(細い髪〜太い髪共通)

②シャンプー中に指が通らず無理に指を通すとビョーンと伸びる、乾かすと広がるし細かい切れ毛も多かったり、常にプチプチ切れる(細い髪)

このケースは修正がとてもとても難しいです。


1回の失敗でこの状態になる方もいらっしゃいますが
2次被害と言うビビリを治そうとしてさらに悪化させて
この状態になっている人が最近は増えています。


僕は普段のビビリ修正施術でも
「半分直して半分誤摩化しています」と言った説明をします。


誤摩化しながら切って行くのが現状では最良の選択と思いますので
誤摩化した(そこそこ奇麗に見える)現状を
専用のホームケアで補ってもらうシステムにしています。


なかなか恐言葉では伝わらない事も多く
いつも自問自答しています。


僕はあまり施術写真を撮る事(ブログなどに載せる事)が好きでは無いのですが
やはり文章だけでは伝わらない事も多く
写真そのものは失敗サロン様に保証を受ける場合などの記録として
撮って残しています。

今回は
お客様の了承を得たものを例として載せようと思います。

こちらのお客様は難しいケースの①にあたります。

失敗を修正しようとしてさらに悪化
シャンプーしても水に濡らしても
毛先2/3は硬くトリートメントを吸わないほどのダメージでした。


記録用の写真なのであまり上手く撮れてませんが
施術前です。

f0216597_190096.jpg


とても広がってしまっていてブローなどで納める事も出来ず
ヘアオイルなどでベタベタにして誤摩化してこの状態。
シャンプーしただけだともっと広がると思います。


横はもっと酷かったです。
f0216597_193386.jpg




見た目がこれくらいでも酷いケース①のようではなく
硬さがさほど無い状態で髪の芯が残っていれば
ある程度の修復が望めたのですが。。。。。



他のビビリ修正に自信を持っているサロンからの
2次被害もこの状態のケースが大半を占めます。



これは普通にビビリ修正してもどうにもなりません。



僕が新方式と呼んでいるビビリ修復施術でなんとか少しでも
落ち着かせます。
新方式といっても劇的に修復出来るのではなく
誤摩化す性能が上がったものといった感じです。


仕上がりです。

ヘアオイル、ヘアミルクなどの洗い流さないトリートメントは使っていません。

後です。だいぶ納まりましたが毛先は厳しいですね。。。チリつきがまだ気になります。
f0216597_199215.jpg


横です。やはり毛先が気になったので少しだけカットさせてもらいました。
f0216597_1995398.jpg



お客様には非常に喜んで頂けましたが
仕上がりとして治っていない部分もわかると思います。


現状ではこれが限界です。


修復度からすると
事前の状態からは比較的良い結果ですが


元の状態にはほど遠いです。



やっぱりビビリ修正は難しいです。



少しでもお客さまの負担を軽くして
差し上げたいのですが
どうしても限界があります。


もっと治ったら楽なのに。。。
そう思う方もきっといると思います。


今はこれが限界でも
ビビリ修正の限界を少しでも引き上げるように
一歩でも半歩でも研究と修練を積んで行きたいと
ビビリ修正をすると毎回強く思います。




高円寺の美容室envie

[PR]
by envie02 | 2013-09-27 19:22 | ビビリ、失敗 | Comments(0)