人気ブログランキング |

envieの店長、松宮のブログです。縮毛矯正やデジタルパーマが得意な美容師として、薬剤のことや美容の難しい理論をできるだけ簡単に書いてます。プライベートやくだらないことも書いてます。。。


by envie02

数値で見る縮毛矯正の残留アルカリ その2

フラット電極をつかった残留アルカリの測定実験です。

数値で見る縮毛矯正の残留アルカリ その1
これの続編です。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

前回は(A)水洗のみのphを見ました。
ph8.44

カラー(ph10前後)に比べれば矯正(ph9.2)と低めの設定ですが、
水洗のみでは数値的には明らかに不十分です。

では(B)炭酸水洗ではどうなるかというと
f0216597_10145156.jpg

ph7.34

中性近く迄下がっていますがもう少しな感じ。

次に(C)洗浄力が強くノンシリコンなシャンプー+水洗
通常のサロンは(A)か(C)の行程がほとんどです。
f0216597_10175186.jpg

ph8.16
洗浄力が強くてもphは下がらない事が数値からわかります。
中にはバッファー剤などで下げるサロンもありますが
果たしてちゃちゃっと付けるだけの
バッファー剤だけで髪の長い人の根元からきちんと毛先迄phコントロール出来るのか
疑問に思います。


最後に(D)mana-uiシャンプー+炭酸水洗
envieでの基本行程です。
f0216597_1023513.jpg

ph6.48
しっかりと弱酸性域迄phがコントロール出来ていることがわかります。

envieでは、他にも還元抑制の薬剤とバッファー剤も念のため使用してます。
少しでもダメージの原因は排除したいからです。

まとめ
使用薬剤 ハードチオ(ph9.2) 25分

(A)水洗のみ ph8.44(アルカリ)
(B)炭酸水洗 ph7.34(中性〜弱アルカリ)
(C)洗浄力が強いシャンプー+水洗 ph8.16(アルカリ)
(D)mana-uiシャンプー+炭酸水洗 ph6.48(弱酸性)

envieでも炭酸泉が入る前は還元ストップ剤(中間処理)+バッファー剤(後処理)のダブル処方でphコントロールを頑張っていましたが、
炭酸泉がすばらしい数値と仕上がりの良さをもたらしてくれたのですが
それだけでは不十分な点もあるので還元ストップ剤と
バッファー剤をサポート剤として使用しています。

縮毛矯正の傷みの大きな原因は熱とアルカリです。
いかにアイロン前の状態で余分なアルカリをどこまで除去出来ているかが
3ヶ月後、6ヶ月後、1年後〜の傷みに大きな差を生むと思っています。

phもただ下げれば良いと言う物ではなく、いかにストレス無く適正な状態に近づけるかが重要です。
ムキになって強い酸でアルカリを抜いて、髪が収斂して硬くなったり、くせが残ったりしたら
本末転倒ですから。
 
envieでは単に広告だけでない本当にダメージが少ない縮毛矯正を
これからも探求して行こうと思います。

※全ての行程で100%アルカリ抜ける事はありません。
施術の過程でのアルカリ抑制が重要では無いかとの考えのもとの実験です。

ーーーーーーーーコマーシャルーーーーーーーーーーーーーーー
業界最安値の炭酸泉システムを紹介しています。

通常は30万以上する炭酸泉システムが
僅か5万円!美容室を始め
エステサロン、マッサージサロン、ペットサロン
もちろん家庭でも設置可能です。
※ただいま供給不足により家庭向けの販売は対応出来ません。プロショップへの販売のみとさせて頂きます。

envieT2sys特設ページ
T2sys公式ページ
姉妹ホームページ「炭酸泉と炭酸ジェルで始める炭酸ライフのススメ

f0216597_17224928.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
by envie02 | 2011-11-16 23:25 | 縮毛矯正