人気ブログランキング |

envieの店長、松宮のブログです。縮毛矯正やデジタルパーマが得意な美容師として、薬剤のことや美容の難しい理論をできるだけ簡単に書いてます。プライベートやくだらないことも書いてます。。。


by envie02

カラーが思い通りに染まらない

カラーしててなんか思ったのと違うなって
思ったりしませんか?

いつも僕が書くとダメージ関連ばかりなんで
今日はデザインというかカラーコンシャスの話。

あ、とりあえずクリックお願いします(=´ー`)ノ

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

特に薬局で買って染めると
見本と全然違うジャーンてなりますよね?

あと安い美容院さんとかも(笑)

これはカラーコンシャス(カラーの似合わせ)が出来てないからなんですね。

ぶっちゃけカラーなんて色と番号選んで塗ったら色が出ます。

じゃあ、ダメージ考えなかったら自分でやっても良いんじゃないかって
思うんですよね。。。

美容院でカラーやる意義って

自分に似合う色にしてくれるとか
思った通りの色になるとか
あとはダメージとか色の持ちとか

そんな感じですよね?

じゃなんで思い通りにならないかって言うと。

日本人の髪に最初から持っている色素は人それぞれ違うんです。
真っ黒な人
少し黄色っぽい人
少し赤っぽい人様々です。

その主な種類を表したのがこの表↓
f0216597_17492465.jpg


一番左がカラー協会の示す一般的な髪色。あとは色んな色素を持ってる髪ですが
まだほとんど違いわかりませんよね?明るさ的には横一列は同じ扱いです。

カラーというのは基本的には髪を明るくしながら色を入れて行きます。

次は「色」入れずに明るくし場合いの各髪の変化↓
f0216597_1753168.jpg


ここまで来ると髪質というかその人の持ってる色素によってかなり
変化が出て来ます。明るさにも変化有るように見えますが理論的には同じ明るさです。

ここに色が発色してヘアカラーの色になるのですが
ヘアカラー同じ色同じ明るさでもメーカーによって
配合されてる色素は全然違うんです。↓
f0216597_17564028.jpg


これメーカーが違うだけでマットの8レベルっていう同じ色なんですよ。
左はアッシュが強いマット 真ん中が平均的なマット 右がブラウンが強いマット

こうやってメーカーの違う色を理解するか、調合して
前の図のように人それぞれが持つもとの色とのバランスを計算して
やっと初めてカラーコンシャスが成り立ちます。

だからちゃんとした美容院ではキレイな色が出るんです。

もちろんダメージや色持ちなんかもちゃんと知識のある店とそうでない店では
ぜんぜん違って来るんですよ〜

にほんブログ村 美容ブログ 縮毛・縮毛矯正へ
美容ブログ 縮毛・縮毛矯正
↑クリックしてね♪

美容室envie新高円寺公式ホームページ
by envie02 | 2011-04-27 18:02 | カラー