人気ブログランキング |

envieの店長、松宮のブログです。縮毛矯正やデジタルパーマが得意な美容師として、薬剤のことや美容の難しい理論をできるだけ簡単に書いてます。プライベートやくだらないことも書いてます。。。


by envie02

男性の縮毛矯正

久しぶりの技術のお話(笑)
f0216597_133347.jpg


envieは縮毛矯正の人気が高いのですが、結構男性も多いんですよ。
比率にすると3割くらいが男性です。

あれ?少なくない??と思いましたね!!??

ところが普通の美容室は男性の矯正は1割程度、もしくは対応していない店も多いんです。

何故かと言うとちょっとテクニックが違うんです。
あとショート専用の道具の有無によって差が出やすい。

女性の矯正が「自然に落ち着いて手入れが楽に」という目的が多いのに比べ
男性は髪が短いのも有るんですが「ボリュームは落としたく無いけどクセは伸ばしたい」んです。
これはショートの女性でも同様の要望が多いです。

ショートヘアを普通のロングの女性の感覚で縮毛矯正してしまうと、
いわゆる「かっぱ」とか「ナスのへた」のようにペッターーとした仕上がりになりやすいんです。

こうならない為にいくつか方法が有るのですが、

1、トップはかけない
2、トップをゆるくかける
3、トップの根本をすこし空けてかける。
4、トップの根本をすこし弱くかける。
5、出来るだけ根本からかけるけど出来るだけボリュームを殺さない。

大体のお店は1か2の選択制、矯正が得意な店で1〜4まで対応。
1〜5までできる店は本当に少ないと思います。
お店に来たお客さんでも「こういう方法初めて」言われる方がほとんどです。
詳しくは文章では説明しにくいので実際にやってみて下さい。

ただし男性やショートヘアの場合ロングよりも必ず「誤差」が出ます。
薬剤というのは必ず根本から少し浮かして付けます。
つまり根本に矯正がかからない部分がちょっぴり存在するんです。

これが微妙な誤差を生むのですがショートヘアであればあるほど
その影響は出やすくなります。

根本から少し浮かしていても「毛細管現象」によって根本付近に少し薬剤が浸透します。
この現象もその日の気温、体温、髪の状態、使用薬剤などなどによって変化しやすいので
とっても難しいんです(汗)

ショート専用アイロンもいろいろあるのですが、プレート幅が1mm違うだけでかなり変わります。
ショート用のアイロンほどサーモの性質が顕著に出るので誤差の少ないアイロンを使用する事も大切です。



美容室envie新高円寺公式ホームページ
by envie02 | 2010-09-01 13:04 | 縮毛矯正