envieの店長、松宮のブログです。縮毛矯正やデジタルパーマが得意な美容師として、薬剤のことや美容の難しい理論をできるだけ簡単に書いてます。プライベートやくだらないことも書いてます。。。


by envie02

<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

前にもちょこっと書いたのですが
トリートメント矯正の犠牲者が今年も
沢山いらっしゃいました。

とりあえず、クリックをお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

前回は内容が薄くて何言ってるかわからん感じだったので
今回はもう少し理論的に書いてみます(^○^)/

まずは前回のおさらいも兼ねて

そもそもトリートメントでクセは伸びません!!

クセを伸ばすには必ず還元剤っていう薬剤を入れますので
その時点でトリートメントって言うより
ストレート剤、縮毛矯正剤になります。

これをですね

うまいこと誤摩化してくと
ストレート剤or縮毛矯正剤(←本来の呼び名)

還元剤入りトリートメント(←アレンジ)

トリートメント(←アレンジし過ぎて本来のものから離れた状態w( ̄o ̄)w)

そしてトリートメントストレートなるものが生まれる訳です。

要は普通より弱い感じのストレート剤を
知識の無い美容師さんがトリートメント気分で施術するんで
伸びない、傷むってのは当たり前なんですよ。

ではなんでストレート剤、縮毛矯正剤をトリートメントって言うかって言う
のをいくつか例を挙げてみます。

「化粧品登録の薬剤だから傷まない」
化粧品登録とは従来の薬剤(医薬部外品)よりも還元剤を少なく配合するなど
パワーを弱めている商品って言うだけなので
傷まないってのは要約すると
高パワーの通常品よりも傷まないって程度。
つまり用途を考えて使わないとそれなりに傷みます。

「トリートメントが90〜95%配合なんで傷まない」
もともと高パワーの薬剤でも還元剤は10%程度
低パワーなら2〜3%なのでそれ以外は基剤なんです。
この基剤とトリートメントって言ってしまえばトリートメント配合率は
90%なんて当たり前ですよね〜
当然用途を考えなければ傷みます。

「業界注目の成分をたっぷり配合してるんで傷まない」
何が入っていても傷まないって事は残念ながら無いです。
多少の軽減効果は配合量なんかによって変わって来ますけど。
当然用途を考えなければ傷みます。

困ったもんですね(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

にほんブログ村 美容ブログ 縮毛・縮毛矯正へ
美容ブログ 縮毛・縮毛矯正
↑クリックしてね♪

美容室envie新高円寺公式ホームページ
[PR]
by envie02 | 2011-06-29 14:17 | 縮毛矯正 | Comments(0)
前にも書いたんですが
光で染まるカラーはとても危険です!!

とりあえず、クリックをお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

昨日も父の日に〜とか被災地の社長が開発したエコな商品とか言って
通販サイトからメールが。。。

だからそれ危険ですって。。。

前に書いたブログ↓
※注意※危険なホームカラー

参照:
国民生活センターよりの通達

参照:
硝酸銀wiki

商品の説明に軽くは書いてあるんですが、
一般方がこれを見てきちんと危険性を理解出るとは思えない。。。

パーマもカラーも出来なくなりますし
本当に危険なんで使わない方が良いですよ!!

にほんブログ村 美容ブログ 縮毛・縮毛矯正へ
美容ブログ 縮毛・縮毛矯正
↑クリックしてね♪

美容室envie新高円寺公式ホームページ
[PR]
by envie02 | 2011-06-16 11:16 | カラー | Comments(0)

市販のカラーはなぜ傷む

美容室で市販のカラーは傷むと言われませんか?

実は日本国内のカラーは市販品は美容室のものに比べて
大きく劣ってる訳ではありません。

とりあえず、クリックをお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村


ただコンセプトが違うんです。

美容室のカラーは一人一人に合わせてその場で色を選び調合します。
市販品は買ったものをそのまま使います。

美容室のカラーはお客様に合わせて時間を調整したり塗り分けたりします。
市販品は箱にかかれた時間で流します。

つまり

美容室のカラーは個人に合わせるテクニックが必要なように設計され、
その分色やダメージなどに細かい対応が出来るようになっています。

市販品は誰でもキレイに染まるように設計されているので、
個人に合わせたケアは出来ません。

この市販品の「誰でもキレイに染まるように」する為には、
染まりを良くする成分「アルカリ」が多く必要になってしまいます。

しかも市販品は数種類あるアルカリのうち、モノエタノールアミンという
「臭いは少ないけど髪には残留しやすいアルカリ」を使っています。

美容室のカラー剤はテクニックが必要な分、アンモニアなど
「比較的残留しにくいアルカリ」を使用しています。

アルカリは染まりを良くする一方でダメージの原因となってしまいます。

しかも美容室のように自宅ではアルカリ除去をすることは出来ません
そうなると髪にアルカリが残った状態は
美容室では3〜7日とすると、
全くアルカリ除去をせずアルカリが強い市販品を使った場合
約1ヶ月もアルカリが髪に残留して、髪にダメージを与え続ける事になります。

多量のアルカリと残留しやすいアルカリが
「市販のカラーは傷む」と言われる原因です。

特に頻繁に顔周りなどを染めている方は
常にダメージが起こる危険な状態でずっと過ごす事になります。

これで顔周りを縮毛矯正するとビビったり極度に傷んだりするんですよね(>_<)

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
↑クリックしてね♪

美容室envie新高円寺公式ホームページ
[PR]
by envie02 | 2011-06-09 20:41 | カラー | Comments(0)

テレビで対決

月曜日になんかテレビで対決してたみたいですね。

僕は当日は見てないですけど

美容師友達のつぶやきが面白くてww

とりあえず、クリックをお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

とりあえず見てみないと事で教えてもらって
ネット検索で見てみる。

((o(^∇^)o))わくわく

((o(^∇^)o))わくわく



ワクワク ((o(⌒∇⌒ o)(o ⌒∇⌒)o))ワクワク




!!!


ヾ('o'ヾ('o'ヾ('o';)ォィォィォィ



友達のつぶやきの意味が分かりました(笑)

テレビの美容師さんも一生懸命やったんでしょうけど

理論はつっこみどころ満載だし

最後ごまかして勝った事になってるし(笑)

ちなみにつぶやきの例
「詐欺だよねあれ」
「施術中の映像無しかい!」
「最後アイロンで伸ばしてるだけじゃん」
「癖伸びてないし!」
「あれは宣伝だよね〜」
「毛先ビビってるし!」
「理論がおかしすぎる」
などなど

いちばん突っ込まれていたのは
大御所のキャリアが100年てところ

100年前て縮毛矯正すら無かったですから(笑)

あくまでバラエティーですから真剣に見なくても良いのかと
思いました。

テレビ後の最初の彼女の写真です
f0216597_1811384.jpg


元よりは伸びてますけど
かなり癖出て来てますよね。
テレビとの違いは一目瞭然かと(笑)

あくまでバラエティーって事でww

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
↑クリックしてね♪

美容室envie新高円寺公式ホームページ
[PR]
by envie02 | 2011-06-08 18:34 | 縮毛矯正 | Comments(0)
売れてるみたいですね、昆布的なカラー。

お客さんにも良く聞かれるのでとりあえず
美容師的な見解を書いておこうと思います。

とりあえず、クリックをお願いします。

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

始めに言っておきますが、昆布で髪は染まりません。
昆布成分はトリートメントとして配合されているので
カラーには全く関係ないです(笑)

ではこれが染まるメカニズムについて書きます。

まずは全成分
水(特殊水)・ベヘニルアルコール・ステアラミドプロピルジメチルアミン・ミリスチルアルコール・パルミチン酸エチルヘキシル・ミツロウ・リシリコンブエキス・ローヤルゼリーエキス・アルギン酸Na・加水分解シルク・加水分解ケラチン・カキタンニン・乳酸・乳酸Na・水添ヤシ油・ローマカミツレ花エキス・ローズマリーエキス・ミリスチン酸・ボタンエキス・プラセンタエキス・フユボダイジュ花エキス・パーシック油・ニンニクエキス・トコフェロール・センブリエキス・セイヨウキズタエキス・セイヨウアカマツ球果エキス・ステアリン酸グリセリル・ゴボウ根エキス・ゲンチアナエキス・カワラヨモギエキス・カミツレエキス・オランダから氏エキス・オドリコソウ花エキス・オタネニンジンエキス・オクラエキス・エタノール・イソベンチルイジョール・アルニカ花エキス・アルテア根エキス・PEG-40水添ヒマシ油・オオウメガサソウ葉エキス・ユズエキス・キトサン・塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン・システイニルプロアントシアニジンオリゴマー・PVP・ヒドロキシエチルセルロース・セテアリルグルコシド・ポリ-γ-グルタミン酸Na・加水分解コンキオリ・水酸化K・BG・ポリクオタニウム-10・フェノキシエタノール・水溶性アナトー・クチナシ青・シコンエキス・ウコンエキス・4-ヒドロキシプrッピルアミノ-3-ニトロフェノール・HC青2・HC黄4・塩基性青9

最後の方に遠慮がちに書かれている赤い文字が染料です。
これで染まっています。

このHC染料、塩基性染料はマニキュア、カラートリートメントなどに配合されている
染料でダメージが少なくやや染着力が弱いのが特徴です。

昔からある成分なので珍しくもなんともありません。

という事で商品的には可も無く不可も無く
少しは染まるけどキレイには染まらない。
という市販品にありがちな半端な感じとなっています。

でもイメージって大事なので
利尻昆布って入るだけでこんな売れんだと思いました。

昆布フコダイン仕入れて昆布パーマとか昆布トリートメント作ったら
バカ売れしちゃうんですかね(笑)

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村
↑クリックしてね♪
[PR]
by envie02 | 2011-06-01 12:07 | カラー | Comments(2)