「ほっ」と。キャンペーン

美容のうんちく、裏話とかスタッフの日常の事も


by envie02

カテゴリ:パーマ( 21 )

前回書いた弱酸性パーマの薬剤についての補足ブログです。

なんかスピエラはイマイチでGMTが良い感じていう印象を受けるみたいで。。。
適材適所なんですよね。薬剤て。

現在のアンビーはミドルダメージ域ではデジタルパーマ施術にはGMTを使う事が多いのですが
むしろハイダメージ毛には弱酸性域のチオグリセリンやシスアミやシスの方がダメージが軽減しながら
カールが作れたりするんです。毛質にもよりますし。

そこで今日はスピエラについて少し詳しく。

<スピエラとの出会い>
スピエラを僕が初めて知ったのは2006年の昭和電工株式会社の記事でした。
当時は酸性域でのカールなんてインチキ扱いされてもおかしく無かった時代でしたが一部のマニアックなメーカーさんなどが商品を発売していましたので、僕も本当なら画期的な薬剤だなと取り寄せて色々実験をしていました。

<そもそもスピエラって何?>

スピエラの正式名称はこれ↓ いまでも覚えられないw
ブチロラクトンチオール / Butyrolactonethiol
2-メルカプト-4-ブタノリド / 2-mercapto-4-butanolide<化学名> <化学名>

チオやシスが髪を膨潤させて浸透させるのですがスピエラは分子量が小さく分子構造が平面状のため髪を膨潤させなくてもキューティクルの隙間から浸透出来るメリットを持ちます。
これによって髪が膨潤によって被るダメージを受けずにカールやストレートを形成出来る。

f0216597_16382488.jpg


髪を膨潤させないって超凄い事なんですよ

髪が膨潤しないメリットはカラーの色落ちも少ないし、ダメージも少ない。
ダメージの目安になるタンパク質の溶出率
水 0.4
スピエラ2.5%濃度(ph6.2) 0.6 シス7%濃度(ph9) 1.6 チオ7%濃度(ph9) 3.1

一般的なチオの1/5、傷みにくいと言われるシスの半分以下の数値、これスゴイ事。
水と比べて1.5倍程度って、シャンプーするのと変わらんじゃんと感動した記憶がある。


傷まなくても思いどおりのデザインに出来なかったら意味ながないのです。
そこで重要になるのがカール形成率(パーマのかかりやすさ、癖のが伸びる目安)

スピエラ2.5%濃度(ph5.6) 67% シス7%濃度(ph9) 62% チオ7%濃度(ph9) 86%

傷まないけどかからないからダメージ毛用って言われるシスよりもちょっと強い程度。
そのままでは使い物にならない位弱い薬剤でした。

10年前ばーーっと流行ってあっと言う間に廃れたの原因がここにあると思う。


<スピエラの変遷>
髪に優しいけどかからないという印象になってしまったスピエラですが、同じような評価のシスに比べてダメージは半分以下でアルカリも使わないので時間経過ダメージも少ないというメリットを持っていました。でもパワー弱いからダメージ毛向けだよねって。

最初のブームが去って2〜3年後にダメージ毛ならスピエラ、スピエラはダメージ毛でも安心ですよね〜って感じでとりあえずスピエラしとけっていう売り文句の商品が出て来て、薬剤の弱さはクリープやら湿熱やらである程度カール型成率を上げるテクニックが確立された事もあり、ちょびっと息を吹き返す。
やっぱスピエライイヨね〜みたいな。

ここで大事件。
スピエラでビビリを作るサロンが出て来た。。。
アンビーにも弱酸性の薬剤でビビらされたんですけどっていう問い合わせが沢山来ました。。。

原因はハイダメージ毛にもばんばんスピエラ使った事。
タンパク質の溶出率っていうのはあくまで健康毛で測定するのでダメージ毛には当てはまらない。
それをスピエラのカール形成率補うのにクリープやら湿熱やらで促進するもんだからハイダメージ毛はビビってしまう。スピエラは万能ではないっていうこと。

アンビーではビビリの薬剤実験でスピエラの危険性を感じていたのでちょうどスピエラを使わなくなった頃の出来事。たしか5〜6年前くらい。


そのころ新たにあらわれたのがGMTという酸性の薬剤。
GMTのカール形成率はスピエラよりもさらに低かったので当時はぜんぜん見向きもされませんでした。


<スピエラの可能性>
スピエラそこそこ良いけど、コントロール難しいよね〜ってなっていたんですが、凄い人が現れました。なんと縮毛矯正で強い癖にもスピエラだけで伸ばしちゃうよっていう強者。

これ凄い事でカール形成率から言うとほぼ不可能な事なんです。
それまでもスピエラ矯正っていうのあったんですがだいたいチオとか他の薬剤でパワーを補う方式。

それで僕も講習に行ったのですがそこで目から鱗っていうか、スピエラのポテンシャルを見てすげえと思った記憶があります。

それまでスピエラのカール形成率を上げるにはクリープや湿熱を使っていたのですが
そこでは水分コントロールっていう新たな技法を使っていました。

アンビーも縮毛矯正の研究はやっていたので水分コントロールの重要性は感じていたんですが、自分とは違う方向からのアプローチでやってみたい実験のアイデアがガンガン溢れて来ました。

水分コントロールを応用すれば思いどおりのデザインが出来て、デジパーや縮毛矯正にも使えてしかもダメージ少ない。またスピエラ使いはじめました。


それから1年半かけてアンビー式の水分コントロールをつくることが出来まして、アンビーの縮毛矯正もさらなる進化をとげました。

水分コントロールが確立されたら弱くて見向きもされてなかったGMTも使えるようになってきました。ダメージ毛にはGMTのほうがコントロールしやすいですし。

今でも水分コントロールつかっても健康毛には思いどおりのデザインが出来ません。
これが現在のGMTの限界かなと。


今後スピエラを使い始める可能性はあると思います。
スピエラの弱点であるカール形成率はある程度水分コントロールでカバー出来るので
それ以外の改善点が3つ。
1 臭い 2 薬剤コントロール法(浸透) 3酸化不足解消法
これがクリアされたらスピエラすごいと思うんですよね。

僕も諦めずに実験したいと思います。

すべてはお客様の髪をキレイにする為に

高円寺の美容室envie
[PR]
by envie02 | 2016-11-20 17:46 | パーマ | Comments(0)
アンビーではデジタルパーマでは基本的に弱酸性の薬剤を使用しています。

何処のサロンでも「弱酸性」って題名のメニューは沢山あるんですが
弱酸性だから大丈夫と言う物ではありません。

まず弱酸性にするメリットについてですが。
これはダメージの軽減です。

一般的なパーマ液(チオグリコール酸)ではph7(中性)とph9(アルカリ性)では
なんと200倍のダメージの差があるという研究結果があります。

ダメージ200倍てすごいですよね???

じゃあなんでも弱酸性にすれば良いと思うかもしれませんが、
通常のパーマ液につかう還元剤はアルカリ性でないないと効果が凄く低下する物が多いんです。
傷まなくてもパーマかからなかったら意味ないですからね。。。

じゃあ弱酸性パーマに使うの薬剤はいうとアンビーではスピエラとGMTがありますが
今はほぼGMTを使っています。

スピエラとGMTの特徴についても少し書きます。

スピエラもGMTも油性の性質を持つ薬剤でそのままでは使えないので
毎回混合液と混ぜて使う用事調整の薬剤です。
今はそのまま使えるタイプもありますが製造、開封時間経過による濃度誤差があるのでアンビーでは使いません。

まず油性の還元剤共通のデメリットは
①酸化不足になりやすい。
②髪に還元剤が残留しやすい。
これ覚えておいて下さい。

スピエラ(ブチロラクトンチオール) ph3前後
化学式 C₄H₆O₂S 分子量118.16 推奨ph5.0~6.0
 
GMT(チオグリコール酸グリセリル) ph3前後
化学式C₅H₁₀O₄S  分子量166.19 推奨ph6.5~7.5

こう見るとスピエラの方が分子量が小さくphが低くても作用することがわかります。
実際スピエラの浸透力は凄まじいのでゴム手袋してても浸透してしまうくらいです。。

スピエラの場合この強烈な浸透力が特にダメージ毛に対してちょっと危険だと思っています。

スピエラはどんな髪でもぐんぐん浸透して同じようなカールが作れてしまう優れた薬剤なのですがその優秀過ぎる浸透力がダメージ毛では浸透しなくても良い領域まで浸透してしまい髪の内部を傷めやすくなってしまうという現象を起こしてしまいます。

しかも残留しやすく酸化剤(2液)が届かない領域まで浸透するのでよけい酸化不足になりやすいという現象が起こります。
しかもスピエラって超臭いんですよね。。。。これけっこう深刻です。。。

ちなみに誤解の無いように書きますが、スピエラは健康毛〜ミドルダメージくらいまでは上手く使えばすごく良い薬剤ですし、アルカリパーマに比べたらダメージは少ないです。

GMTは分子量も大きいのでそこまで強烈な浸透力はありません。
そのぶんカール形成力は全ての髪質においてスピエラを下回ります。
推奨phが弱酸性〜中性域なので混合溶剤でphを調整してあげないと有効なカールが作れません。

GMTの場合この混合溶剤に問題があって
大手から出している混合溶剤はアルカリが入ってます。
混ぜた時のphは確かに弱酸性なんですがアルカリ剤を含んでいるという謎の仕様になります。

アルカリを含まない混合溶剤もありますがダメージ毛以外ではカール形成力が弱くて使い物にならないレベルです。

あとGMTは臭く無いです。コレ結構大事。

ざっくり「まとめ」ると
スピエラ 健康毛〜ミドルダメージにオススメ、根元から毛先まで均一なカールが作れる。超臭い。
GMT ミドルダメージ〜ハイダメージでしか使えない。ダメージによってカールが変わる、ほぼ無臭。

アンビーでデジタルパーマをお勧めする場合
デザインと毛髪ダメージで決めるのですが基本的にダメージで悩んでいる方が多いので
中間〜毛先の状態はほぼミドルダメージ〜ハイダメージの状態です。

だからアンビーではミドルダメージ〜ハイダメージに適したGMTを使うのですが。。。。


でも普通にメーカー推奨で使うと弱酸性(アルカリ入り)になるのが嫌で
ずっと研究してアルカリ入り溶剤使わない方法でGMTを使うようにしてます。

GMTは推奨ph以外ではダメージに対する濃度や作用時間を厳密に設定しないと
思った通りのカールが出ないのでかなりの経験と知識が必要なんですよ。

これがコントロール出来るようになると
ミドルダメージ〜ハイダメージでは驚くほど低いダメージで思いどおりのカールが作れます。


これが出来るようになってデジタルパーマが楽しくてしょうがないです。
「どお?触ってみて、毛先が柔らかいでしょ?」
毎回そう言えるクオリティーです。

頑張って研究して良かったな〜って思います。


マジで良い感じの「弱酸性のデジタルパーマ」いかがでしょう?
いっしょにニッコリしませんか?


ちなみに他の弱酸性〜中性域の薬剤も併用したりするのでGMTだけで思いどおりに出来る訳じゃないのです。
更なる精進を続けてまいります!


高円寺の美容室envie
[PR]
by envie02 | 2016-11-18 17:00 | パーマ | Comments(0)
縮毛は難しい技術だと思うのですが
自分なりにかな〜り勉強してやっと得意と言えるくらいになって。

同じ熱系のデジタルパーマの取り組みを初めて
縮毛矯正よりも数年かかってやっとオリジナルの手法を確立して
得意な分野になりました。

じゃあデジタルパーマ+縮毛矯正も楽じゃん?て思うでそ??

これがねー
デジタルパーマ+縮毛矯正はスッゲー難しいんですよ!?


もともと生えたばかりであまり傷んでない状態もしくはカラーで多少傷んだ状態にかける縮毛矯正よりも、カラーやパーマなどなどの傷みと年月を重ねた毛先にかけるデジタルパーマの方が難しいって言うのが僕の見解。

だから縮毛矯正よりもデジタルパーマの方がオリジナルの施術の確立に苦労しました。

それがデジタルパーマ+縮毛矯正になると難しさがどーんと跳ね上がります!どーんですよ?どーーーん!!って。


だから広告とかで「デジストで可愛く♡」とか見てて
「ホントかよ!!!!????」っていつも思います。


ちゃんとこだわってやろうしたら若い子や大手さんが使うパターン施術じゃ
絶対無理だと思うんですお??


ちょっと長くなるけどデジタルパーマ+縮毛矯正が難しい理由を書きますw

デジタルパーマ+縮毛矯正にはだいたい4つの施術パターンがあります。
①デジタルパーマと縮毛矯正の薬剤を時間差でつけて流して先に縮毛矯正して後からデジタルパーマ
②デジタルパーマと縮毛矯正の薬剤を時間差でつけて流して先にデジタルパーマで後から縮毛矯正
③縮毛矯正終わってからデジタルパーマ(薬剤のタイミングも別々)
④デジタルパーマ終わってから縮毛矯正(薬剤のタイミングも別々)

③と④の方法がダメージ的には比較的リスク少ないのですが
実際に美容室メニューでやるのは通常①か②です(ちなみにアンビーは②)
なぜかと言うと③と④凄く時間がかかるんですよね(だいたい5〜7時間)
①や②は3〜4時間あれば終わるので時間的負担が大きいのでお客様からも不評なんです。

①や②に共通するリスクとして縮毛矯正が先でもデジタルパーマが先でも
同じリスクが出来ます。
それは「薬剤処理から形成施術(アイロンやロッド巻)の時間経過と乾燥」です。

薬剤(1剤)を流してすぐ形成施術を行うのがベストなタイミングですが
デジタルパーマ+縮毛矯正の同時施術での①や②のパターンはどうしても
どちらかの施術を先に行わないといけないので、縮毛矯正が先であればデジタルパーマが後回し
デジタルパーマが先であれば縮毛矯正が後回しとなります。
薬剤(1剤)処理した髪は乾燥したり時間が経ったりすると
デジタルパーマであればウェーブを作る力、縮毛矯正であれば癖を伸ばす力が弱くなります(形成力低下)。
これは水分が潤沢な状態で切断されているシスチン結合が時間が経過したり乾燥することで
一定量が再結合してしまう事から起こる形成力低下減少と考えています。


この形成力低下に対処するには
⑴薬剤の効果を高める ⑵技術でなんとかする ⑶薬剤と技術で対処する
となります。

⑴は一番簡単な対処法ですがダメージリスクが上がってしまうので
アンビーでは採用しません。
基本は⑵ですね、薬剤パワーを変えないで技術だけで対処出来れば
ダメージリスクも少ないですしどうしても対応出来ない場合のみ⑶を
選択する事もあり得ます。


この技術で何とかする=形成力を技術で補う方法が
アンビーのオリジナルなので詳しくは書けないのですが
コレによってアンビーは縮毛矯正とデジタルパーマ同時施術でも
最小限のリスクで行う事が来ます。

それでもお時間さえあれば
デジタルパーマと縮毛矯正は別の日にして頂いた方が良い場合も多いので
相談して頂ければ嬉しいです。


色々難しい事書きましたが
さっくり言えば
「お客様、お任せ下さい!」って事です。
信頼に応えられるよう精一杯施術を行いますので!



ココからコマーシャルw
ーーーーーーーーーーーーーーーー
新高円寺envieの説明書

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村



ご新規様にはオトクなキャンペーンもあります
[PR]
by envie02 | 2015-03-27 14:57 | パーマ | Comments(0)
最近美容師っぽいこと書いてないので
すっかり美容師の読者が減ったと思われる僕のブログw

もはや美容師って事も認識されなくなりそうなんで
たまには美容師っぽい事も書きます( ̄ー ̄)ニヤリッ

今日のお題は最近お気に入りの還元剤シスについてです。

シス系のパーマ液と言えば
どこの美容室にもあるくらいポピュラーなもの

でも一般にシス系還元剤と言ってもL-システイン、Lシステイン塩酸塩、DL-システイン,DL-システイン塩酸塩、N-アセチル-L-システインに加えてグアニルシスティンというシス系還元剤が新しく認可されました。


これまた一般的なシスのメリット、デメリットですが
メリット
傷みにくい、手触りが柔らかい

デメリット
ph低いとフレーキングしやすい、アルカリにならないとカール形成力が弱い
こんな感じなので
一昔前は傷まないパーマ液と言えばシス!って時代もあったけど
今は中性や賛成でもカール形成できる還元剤も出てるんで
中途半端なポジションでした。


僕が最近使っているのは新しいグアニルシスティンというもの
この新しいシスの特徴はカチオン化されていてダメージへの吸着がよく
失われた髪の弾力や架橋をサポートしてくれて保水性も良いと言う所。

しかもph低くてもフレーキングしにくい。

デメリットとしては
ph上げてもカール効率他のシスと大差ない、単体ではどうにも使えないw

そんな訳で最近はこの新しいシスのグアニルシスティンを配合したパーマ液が
出始めて来てます、タブンこれからグアニルシスティン入りパーマ液流行りますw

でも配合されているグアニルシスティンてほんの微量なので(それでも効果あるけど)
本当は状態に応じて濃度やタイミングを変えた方がずっっっっっと効果的なんですよ
でもコレ使うの難しくて僕も数年前にリトルサイエンティストさんのBYAKというグアニルシスティンが主成分の薬剤使ってたんですけど臭いが超臭いのと
効果も良いには良いんだけど、うまく使いこなせなくて他の成分やトリートメントなどで
代用する方法に切り替えたんです。

でも去年くらいからグアニルシスティン主成分でちょと臭いくらいのがリスペクツさんから
出たのでちょこちょこ使い始めてました。

いちど使いきれなかった過去も有るので慎重に実験や検証を行ってみたんですけど
どうやらすごく良いですww

一度回り道してるからグアニルシスティンの効果に頼り切らないで、トリートメントや他の成分の領域を意識して使うとすごく良いww

特にアルカリに弱い髪や白髪染めを頻繁にしている髪なんかはアンビーの施術に慣れてるスタッフに
「今日のお客様何使ったんですか?すごく良い感じでしたけど」って聞かれるくらい違いますw


グアニルシスティンはパーマだけでなくデジタルパーマや縮毛矯正にも使えるので
ちょっとクセのある還元剤ですが上手く使えばすごく良いですwww


けっこう難しい薬剤なので高円寺界隈ではまだうまく使える美容室さんほぼ無いと思いますよ〜
あなたもれっつグアニルシスティン(笑)

ココからコマーシャルw
ーーーーーーーーーーーーーーーー
新高円寺envieの説明書

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村



ご新規様にはオトクなキャンペーンもあります
[PR]
by envie02 | 2015-03-19 18:42 | パーマ | Comments(0)
今年もあと少しですね〜
気温もだんだんと寒くなって来ました。

寒くなると服もコートやマフラーなどで重くなりがち
そんな時にパーマでアクセントを作ると
寒い時期でもオシャレが楽しめます。


どーかクリックをお願いします!!
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村


お客さんとパーマについて話していると


「前にパーマかけてすっごい傷んで怖くて〜」

「今結構髪が傷んでるからパーマしたらパサパサしそうで怖い〜」

「なんかクルクルし過ぎたら怖い〜」

「似あわなかったらめっっっっさ怖い!!」

など

「パーマ=怖い」

らしいです。


言ってる事はなんとなくわかります。

そもそも
パーマって言うのはすごーく難しい技術なんです。


縮毛矯正とかって基本的には得て来たばかりの
傷みがそんな進んでない所を中心にかけるので


一番のポイントは
「現在のコンディションを出来るだけ壊さないように(傷ませないように)まっすぐする」


でもパーマは毛先中心にかけるので


「最初から傷んでいる髪を曲げる事が多い」


↑ここがすごく重要


傷んでいる髪にパーマをかけても
髪が治る事は100000%無いんです




傷んでいる髪にはタンパク質が少なくなっています。
パーマは髪のタンパク質を作っている
システィンというアミノ酸の結合に作用してかかるので


髪のタンパク質が少ないと奇麗なパーマがかかりにくかったりします。


かかりにくい髪=タンパク質が少ない髪を無理に曲げようとして
もの凄ーーーく傷んだり。。。。



難しいコンディションに対応するのは本当に難しいから
パーマは難しいです。


僕らプロが難しいと思ってやってる技術だから



そりゃお客さんは「パーマ=怖い」ってなるよね



ノリと口ばっかりの美容師に騙されて
値段につられて騙されて


せっかく長い時間かけて伸ばした髪がぼろぼろ。。。




お客さんが可哀想だよ!!

僕ら美容師はお客さんを奇麗に、可愛くするのが仕事なのに!!!



だから



パーマは確かに難しいです。
お客さんの髪のコンディション状況では出来ない事もあります。



でもさ



難しい技術こそ
プロの技術の見せ所だと思うんです




お客さんだって
どこ行っても傷むから
安い店でも一緒って思うから
安い美容室が流行ると思う。



eniveが目指すのは
高級サロンじゃないけど


普通に(適正な)料金を頂いて
傷みが少なく扱い易いスタイルをお客様に提供したいと思う。



どこ行っても一緒って思われるのはプロとして悔しいです。



ちゃんと違いがわかってもらえるよう
僕らは一生懸命技術を磨きます。

普通の美容師さんがしないような
難しい毛髪科学も勉強します。

髪の状態が少しでも良くなるような
トリートメントも研究します。



全てはお客さんに喜んで欲しいから。



envieはまだまだ成長しますよ〜



高円寺の美容室envie
[PR]
by envie02 | 2013-11-14 19:09 | パーマ | Comments(0)
美容室でパーマするとき
「傷まない薬でかけますね〜」
「髪に優しいお薬使いますね〜」
「このお薬は化粧品登録(コスメ)なので傷みにくいんですよ〜」

みたいの聞きますよね?w

どーかクリックをお願いします!!
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

僕も簡単に説明する時は上記の感じでも良いんじゃないかと思うのです。
個人的には「傷まない」ってフレーズは使わないんですけどね〜(傷みにくいはok)

じゃあ、本当に傷まないかって言うとそんな魔法のような薬剤はありません( ̄。 ̄)

まずは簡単に薬剤の説明。

美容室で使うパーマ液には
医薬部外品
化粧品
の2種類があります。

この違いは還元剤、アルカリなどの配合成分量の違いなのですが

ざっくり言えば

医薬部外品よりも化粧品の方が成分薄いのでパワーが弱いから傷みにくいって事なんです。

パワーが弱いって事はかかりも弱い。

でも髪が傷んでいたら弱い薬でかけないと傷みが進むので
自動的に弱い薬剤をつかう。

そんなかんじとなっております(笑)

今の時代全く傷んでいない人の方が珍しいので
化粧品の薬剤を使う事は多くなります。


じゃそれでokじゃん?( ̄ー ̄?)と思うかもですが


そんな事も無いんです| ̄(エ) ̄) |(エ) ̄) | ̄)

化粧品登録の薬剤の中でもパワーの分類や成分の違いなどなど色々あるんですよ。

つまりは

傷みにくい薬剤の中でも傷みにくさに差があるんです。


しかーも


傷みにくい薬剤ってのは医薬部外品に比べて1種類での適応範囲が狭いので


美容師さんの腕とか知識で傷みに差が出やすいんです。


せっかくパーマかけるなら出来るだけ傷めたくないって人は是非envieに相談してください

美容室envie新高円寺
[PR]
by envie02 | 2013-03-16 10:47 | パーマ | Comments(0)
難しい話が多いと言われるので
ちょっとまた美容師っぽい事書こうと思うw

まずはクリックをお願いします!!
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

美容師って日々成長出来る素敵な仕事だと思うんです。

美容師になって
カット出来るようになって
お店を持つようになって
講師をさせて頂くようになって

それでもまだまだ技術にも知識にも終わりは無い。

そんな中でも
ふと自分が成長出来てるって感じると嬉しく思います。

最近はデジタルパーマに助けてもらう事が多い。

うちはダメージが強かったり
縮毛矯正してる髪だったり
毎日コテで巻いてる人とか
明るく染めてる人とか

今ではパーマでは難しかった人も
デジタルパーマを使いこなす事で
少しずつ希望のスタイルに近づけてあげる事が出来るようになって来た。

今日は細くてボリュームの出ない。
腰までのロング。
パーマはかかりにくい毛質なうえに
ハイトーンカラー、毎日コテ巻き。。。

もう5年くらい通ってくれていて
たまにパーマかけたいって言うんだけど
ずっと断って来ました。

正確には3年前に1回だけかけた事あるんだけど
自分的に納得出来ない仕上がりで
それが悔しくて

そっから本気でデジタルパーマ勉強しました。

それからも何回かパーマしたいって言われてたんだけど
却下してました。。。

それが今回どうしてもパーマしたいって事で

彼女にとっての初デジパ

悩みは
前髪ぺったりしないで丸く
大きめカール
トップにボリューム
今より髪を傷めたく無い

難しい。。。
超難しい。。。。



んで


結果
なかなか良い感じにできました(*゚ー゚*)

前髪の丸さとか自分でもびっくりするくらいジャストで
パーマも良い感じでダメージも進めず出来たと思う。

トップのボリュームは
頑張ったが腰までのロングだと厳しい。。。

でも概ね希望に近い感じだったはず?(*´ -`)(´- `*)

美容師は魔法使いじゃないし
僕はゴットハンドでもないけど
まだまだコンディションなどでお断りする事も沢山あって
とてももどかしい。

髪を傷めないで色んなスタイルを作ったり
傷んだ髪をすこしづつでも改善して行く事は
人よりは勉強しているはず。

自分もサロンのスタッフも
すこしづつ成長して
お客さんの笑顔を増やしていけたら良いなと思う。

笑ってるお客さんみて
嬉しそうにしてるスタッフを見る事が
僕の一番の幸せだから。

さー明日もがんばるぞー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f0216597_1736323.jpg

スタッフ募集中です

詳しい募集要項などは
スタッフ募集ページでご確認下さい。
[PR]
by envie02 | 2012-09-22 20:38 | パーマ | Comments(0)
これのつづきです
前回のあらすじ
〜PHと酸化還元反応をわかりやすく説明しようとしたら
自分でもいまいち理解出来てない事に気がついて
調べたらなんか両方の定義に電子の受け渡しとか書いてあって
同じようなもんじゃね?と思い始めてしまってどうしよう。。。。
って所からです。

まずはクリックをお願いします!!
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

違いを説明しようと思って調べたら同じ様な定義だった訳ですよ。

調べる前はね。

ネットのサイトでの
同じように見えるのは両方とも
何かを放出し授受することで関係性が成り立っているんです
PHってのがH+の量で
酸化還元反応が電子なんですよ。

でまとめる予定だった訳です。

でも両方電子書いてありますけど?ww

よっっし
酸化還元の他の定義見てみよう。
OもしくはHの授受でも定義出来る。

美容における酸化還元反応は
ほとんどはHの授受で説明出来るから。
酸化還元反応はHの授受ってことで良いかな?



って




よけいPHと被るジャンカーーーー!!!!!!!!!!!!!!





こうなったr



文系の神かもーーーーーーん!!!
うまく誤摩化してまとめるのだ!!!!!

            _
         /  ̄   ̄ \
        /、          ヽ  
        |・ |―-、       |
       q -´ 二 ヽ       |
       ノ_ ー  |     |    ボク、ブンケイノカミ。。。?
        \. ̄`  |     /
        O===== |
       /           |
        /    /      |


。。。。。。ま、良しとしましょう。。。。

ざっくりいうとですね。
難しい事考えるからいけないのですよ。

定義とかはもうどうでもヨロし


要は違いが説明出来たら良いのですヨ!!


つか最初から違う事を
違うって説明出来たら良いだけなのですよ!!!

PHが水素イオン(H+)もしくは電子の活量

そう水素イオンに注目するから迷うのですヨ
ホントに大事なのは活量
そうなんですお

PHってのは尺度なんです
塩基か酸か?
それがどれくらいの強さかって尺度


対して酸化還元っていうのは
反応なんです。
物質が酸化もしくは還元という反応をするか?
もしくはしたかという事を表してるんですよ。

なので酸化還元の定義が
酸素の授受であれ
水素の授受であれ
電子の授受であれ

物質の反応を表しているのです。

なので
量を表すPHとは別物なのです。

だから
アルカリ→アルカリでも
電子の授受が成立してれば酸化や還元は起こるし

酸性→酸性でも
同じです。
↑たとえばこれが成り立つのがスピエラでのパーマ


こんな感じでまとめて見たんですがどうでそ?(・Θ・;)アセアセ…


本質からはちょっとズレますけど
くーねる的な理解の方法も書いときます。

PHってのはですね
料理で言うとどれだけしょっぱいか甘いかみたいなもんで
味の濃さみたいなもん。
すげーしょっぱかったらアルカリ、甘かったら酸みたいな?

酸化還元反応は
料理でいうと味をつけたか、付けないかみたいなん?
塩をちょっとでもどっばーとつけても
味がついてるって意味では同じ。

でもどれくらい味が濃いって尺度が必要だからPHってのが有るんじゃないかと?

隠し味で塩振って
甘いままでも塩は入ってる(イメージ的には酸性だけど還元してるみたいな。。)

すんげーどばーっと塩ふったら
甘い要素あっても、味はしょっぱいみたいな?
(イメージ的には酸→アルカリ還元みたいな。。)

どう?

ちゃんとした説明ではないかもだけど
解り易い(すくなくとも自分の中では)はずo(´^`)o ウー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f0216597_1736323.jpg

スタッフ募集中です

詳しい募集要項などは
スタッフ募集ページでご確認下さい。
[PR]
by envie02 | 2012-06-19 00:25 | パーマ | Comments(2)
最近炭酸システムの設置によく伺うのですが
わりと良く聞かれる質問
「等電点にするってことは酸化するんですよね?」
みたいの。

まずはクリックをお願いします!!
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

なんかこういうのって頭でふんわり解っていても上手く説明出来ないですよね(笑)

酸化と酸性は違うんですよって言えば終わりなんですけど、
まあ説明としては優しくないでしょ?

まずはPHってのは
水溶液中の水素イオン(H+)と水酸化イオン(OH-)の量で決まります。
PH=7てのがH+とOH-の量が等しい状態。

これに対して酸化還元反応は電子の受け渡しの事。
酸化=電子を失う
還元=電子を得る


なるほどー


と思った人はかしこい人(笑)


僕は「ヘー。。。」って感じ
つまり解ったような解らないような?www


文系な僕はイオンも電子も同じようなもんじゃね?っていうレベルww


って事で調べたのですよ。



そしたら



PHってのはなんでPHつうかと言うと
水素イオン指数。
つまりは水素(H)の指数(potential) のことナンス。


先にも書いたHとOHですね。

でもHもOHも無いもののPHはどうなるんだろうと。。。。?

そしたらPHってのはH+やOH-に限らず
陰イオンや陽イオンの活量で測定してるっぽい。

しかもルイスって人の定義では電子の受け渡しで定義されてる。。

PHも電子
酸化還元も電子

やっぱ同じようなもん?

と思う
アラフォー文系脳なのでした。

2つ続く?

f0216597_1736323.jpg

スタッフ募集中です

詳しい募集要項などは
スタッフ募集ページでご確認下さい。
[PR]
by envie02 | 2012-06-18 13:01 | パーマ | Comments(0)
今日はお得なキャンペーンのご案内です。

クリックをお願いします。(〓 ̄(∵エ∵) ̄〓)ノ彡☆
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

いままでenvieではデジタルパーマのキャンペーンやった事無いんです。

envieのメニューでも
縮毛矯正とかデジタルパーマは
他のお店よりしっかり手間をかけても使うものも厳選してやってるので

割り引かないっていうか
そんなに割り引けないんです。

クオリティも高いつもりですし
安売のサロンとかと一緒にして欲しく無いってプライドもある

そんなわけで5年間一度も割り引いた事有りませんでした。

それをですね〜

今回は10月〜11月の2ヶ月間だけ
キャンペーンしてみようかと!!


なんでそう思ったかと言うと
いろいろ研究してちょこちょこ進化してたデジタルパーマが
かなり完成系になって来たんですよ。


自分でも嬉しくて一人でも多くの人に試して欲しくて
スタッフとも相談して期間限定でキャンペーンすることにしました。

ぜひぜひ試してみて下さいね☆☆

☆☆デジタルパーマキャンペーン☆☆ ~11/30迄
ナノモイストデジタルパーマ(カット込)+オーダーメイドトリートメント

通常 ¥19,420 → ¥15,000

期間限定です!!

詳細はホームページで
高円寺の美容室envieホームペジ

ーーーーーーーーコマーシャルーーーーーーーーーーーーーーー
業界最安値の炭酸泉システムを紹介しています。

通常は30万以上する炭酸泉システムが
僅か5万円!美容室を始め
エステサロン、マッサージサロン、ペットサロン
もちろん家庭でも設置可能です。

envieT2sys特設ページ
T2sys公式ページ
姉妹ホームページ「炭酸泉と炭酸ジェルで始める炭酸ライフのススメ


炭酸泉と炭酸ジェルで炭酸ライフを始めよう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by envie02 | 2011-10-10 10:03 | パーマ | Comments(0)