envieの店長、松宮のブログです。縮毛矯正やデジタルパーマが得意な美容師として、薬剤のことや美容の難しい理論をできるだけ簡単に書いてます。プライベートやくだらないことも書いてます。。。


by envie02

化学先生も万能ではない 高円寺の美容室envie

前回のブログで”全部は信用できない”と書いたのですが、
別にかずのすけさんを否定したいわけではなので理由というかどこに引っかかったかを書いておこうと思う。

あくまで1例です。なんか重箱の隅つつくようなことしたくないので。。。


------ ここから抜粋 ------
"この1000ppmという数値は、
平常状態では二酸化炭素の飽和状態がおよそ700ppmくらいなので
平常状態では作成不可と言えます。

もし一時的に作れたとしても1000ppmの炭酸水は過飽和状態なので
すぐに二酸化炭素が揮発していき、濃度は瞬く間に下がっていくのです。
さらに15分~20分間というのは、温泉でも中々浸からない長さですよね。

炭酸の経皮吸収において、
この「高濃度」と「長時間」は大きな弱点と言えます。
このような弱点を克服できる条件は本当に限られていて、
火山運動などによって天然に作られる天然炭酸泉くらいのものだと思います。
天然炭酸泉であれば、
地下深くの高圧環境から吹き出す炭酸泉なので
かなり高濃度の炭酸を溶存させられます。
揮発しても次から次へと炭酸泉が湧いてくるので、
高濃度を維持することも可能です。
さらに一応温泉という環境であれば、15分浸かるのも不可能ではありません。

しかしこんな状況、
たかだか化粧品美容室のシャワーで作り出すことができますか。
普通に考えればまず不可能でしょうね。"

----ここまで------

表現の仕方っていうのもあるのですけど、美容室のシャワーで1000ppmとか無理じゃね?
ましてや10~15分浸かるとか絶対無理じゃね?って事なので、濃度と時間両方を持って
炭酸の美容効果を否定してます。

まずは炭酸泉の濃度が美容室のシャワーで1000ppm行くのかって話。
これはアンビーでも使っているT2sys炭酸泉なら出来ます。
f0216597_17485556.jpg
大事なのは採取場所
シャワーノズル”って書いてあるでしょ?

これ大事、胡散臭いメーカーのやつはこんな公的な証明出てなくて1200とか言ってるけど
採取場所書いてないとかザラです、機械の排出口から圧力を保ったまま計測してたりするのです。

t2sysはちゃんとシャワーノズルでやってるので信頼できます。

これで濃度問題は解決

次は浸かっている時間問題。
これは前回のブログの炭酸ジェル使えば解決できると
かずのすけさんも認めてくれてます。
f0216597_14224054.png
これで浸かっている時間問題も解決

ちゃんと取り組めば炭酸の美容効果はとても良いので、ちょとムキになって書いちゃいましたが、
”まず不可能”とか言わなければ引っかからないのにって思いました。

ちなみに真実をすごいわかり書いてある部分がこれ
"もし一時的に作れたとしても1000ppmの炭酸水は過飽和状態なので
すぐに二酸化炭素が揮発していき、濃度は瞬く間に下がっていくのです。
さらに15分~20分間というのは、温泉でも中々浸からない長さですよね。"

f0216597_18142005.jpg
つまりこーいう事シャワーから出たては1000ppmあるけど
貯めた炭酸泉パシャしても1000ppmもねーぞーって事です。これ本当です。

なのでタブレット、バスボム、ムースなんかは効果が薄いんですよね、濃度がすぐ下がっちゃうから。

大筋の理論展開は合っていると思うのですが、ちょっとした表現で良いものも否定した感じになってしまうのが文章の怖いところですね。

僕も表現には気をつけよう。。。。




押してくれると書く気力が生まれます!
ポチって下さいヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

LINEでの予約、ご相談が可能になりました。
「高円寺の美容室envie」を友達追加お願いします。
友だち追加


[PR]
by envie02 | 2017-03-30 11:32 | 炭酸泉 | Comments(0)