envieの店長、松宮のブログです。縮毛矯正やデジタルパーマが得意な美容師として、薬剤のことや美容の難しい理論をできるだけ簡単に書いてます。プライベートやくだらないことも書いてます。。。


by envie02

超初心者でもわかるPhの変化と酸化還元反応の違い 高円寺|美容室envie

「Phの変化と酸化還元反応をわかりやすく説明して」と
若い美容師さんに聞くとほぼ答えられない(笑)

実際は人に説明することなんてあまり無いのですが
感覚的には理解してて欲しいと思うのですよ。

前に書いた記事も結構わかりやすいとは思うのですが
初心者でもわかるPhの変化と酸化還元反応の違い1その2

今回はさらにざっくりとした感じで行きたいと思います(
笑)

※詳しい人は細かいとこ突っ込まないようお願いします。

まずはちゃんとした説明

Phってのは
水溶液中の水素イオン(H+)と水酸化イオン(OH-)の量で決まります。
Ph=7てのがH+とOH-の量が等しい状態。
H+が多ければ酸性 OH-が多ければアルカリ性となります。

これに対して酸化還元反応は酸素、水素、電子の受け渡しの3つの定義の総称です。
酸化=電子を失う、水素を失う、酸素を得る
還元=電子を得る、水素を得る、酸素を失う

酸化還元反応では定義が3つも有る事と
Phの変化する時も水素や電子の移動が行われるので、きちんと説明しようとすると難しくなる。
酸素と水素の反応が逆なんで文系脳はさらに悩む。


さてこれをざっくり感覚的に説明しよう。

そーいえば長く放置して来たランキングがあったな。。。
ポチって下さいヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

まずアルカリ性=デブと思って下さい。。
f0216597_2013537.jpg


中性=普通体型
f0216597_2022343.jpg


酸性=痩せてる
f0216597_20247100.jpg


それを並べるとこんな感じだ、普通の定義は凄く狭い。化学ってシビア。
f0216597_2033636.jpg


Phが酸性かアルカリって言うのはデブか?痩せてるか?でわかる。
つまりは脂肪の量(本当はH+の量)で決まる


Phの変化って言うのは脂肪が増えたり減ったりしつつ今の脂肪の量はどのくらいだ?って事

普通より脂肪が多ければデブ(アルカリ)
少なかったら痩せてる(酸性)ということ。化学ってシビア
f0216597_2033636.jpg



では酸化還元反応というのは

「現在」よりも脂肪がついたか減ったかという「現象」のこと。

f0216597_20104852.jpg


これは太りそうでそー?これ絶賛還元反応中


ダイエットは酸化反応
f0216597_20123676.jpg


ここで重要なのは脂肪が少しでも増えたり減ったりしても酸化還元反応ってこと。
デブが小デブになっても酸化反応なんだけどPhはまだアルカリだったりもする。


何が言いたいかと言うとオレは今、絶賛還元反応中なんですよ!!!忘年会とかあるし!!!

オレはずっとアルカリ性だけど髪への施術は最低限のアルカリしか使いたく無いな〜と思って頑張ってます。


少しはわかり易かったかな?


とりあえず弱酸性ボディ目指しますおー!( ̄人 ̄)

ポチって下さいヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

高円寺の美容室envie
[PR]
by envie02 | 2016-12-21 20:16 | 超初心者でもわかるシリーズ | Comments(0)