「ほっ」と。キャンペーン

美容のうんちく、裏話とかスタッフの日常の事も


by envie02

弱酸性パーマの薬剤について 高円寺|美容室envie

アンビーではデジタルパーマでは基本的に弱酸性の薬剤を使用しています。

何処のサロンでも「弱酸性」って題名のメニューは沢山あるんですが
弱酸性だから大丈夫と言う物ではありません。

まず弱酸性にするメリットについてですが。
これはダメージの軽減です。

一般的なパーマ液(チオグリコール酸)ではph7(中性)とph9(アルカリ性)では
なんと200倍のダメージの差があるという研究結果があります。

ダメージ200倍てすごいですよね???

じゃあなんでも弱酸性にすれば良いと思うかもしれませんが、
通常のパーマ液につかう還元剤はアルカリ性でないないと効果が凄く低下する物が多いんです。
傷まなくてもパーマかからなかったら意味ないですからね。。。

じゃあ弱酸性パーマに使うの薬剤はいうとアンビーではスピエラとGMTがありますが
今はほぼGMTを使っています。

スピエラとGMTの特徴についても少し書きます。

スピエラもGMTも油性の性質を持つ薬剤でそのままでは使えないので
毎回混合液と混ぜて使う用事調整の薬剤です。
今はそのまま使えるタイプもありますが製造、開封時間経過による濃度誤差があるのでアンビーでは使いません。

まず油性の還元剤共通のデメリットは
①酸化不足になりやすい。
②髪に還元剤が残留しやすい。
これ覚えておいて下さい。

スピエラ(ブチロラクトンチオール) ph3前後
化学式 C₄H₆O₂S 分子量118.16 推奨ph5.0~6.0
 
GMT(チオグリコール酸グリセリル) ph3前後
化学式C₅H₁₀O₄S  分子量166.19 推奨ph6.5~7.5

こう見るとスピエラの方が分子量が小さくphが低くても作用することがわかります。
実際スピエラの浸透力は凄まじいのでゴム手袋してても浸透してしまうくらいです。。

スピエラの場合この強烈な浸透力が特にダメージ毛に対してちょっと危険だと思っています。

スピエラはどんな髪でもぐんぐん浸透して同じようなカールが作れてしまう優れた薬剤なのですがその優秀過ぎる浸透力がダメージ毛では浸透しなくても良い領域まで浸透してしまい髪の内部を傷めやすくなってしまうという現象を起こしてしまいます。

しかも残留しやすく酸化剤(2液)が届かない領域まで浸透するのでよけい酸化不足になりやすいという現象が起こります。
しかもスピエラって超臭いんですよね。。。。これけっこう深刻です。。。

ちなみに誤解の無いように書きますが、スピエラは健康毛〜ミドルダメージくらいまでは上手く使えばすごく良い薬剤ですし、アルカリパーマに比べたらダメージは少ないです。

GMTは分子量も大きいのでそこまで強烈な浸透力はありません。
そのぶんカール形成力は全ての髪質においてスピエラを下回ります。
推奨phが弱酸性〜中性域なので混合溶剤でphを調整してあげないと有効なカールが作れません。

GMTの場合この混合溶剤に問題があって
大手から出している混合溶剤はアルカリが入ってます。
混ぜた時のphは確かに弱酸性なんですがアルカリ剤を含んでいるという謎の仕様になります。

アルカリを含まない混合溶剤もありますがダメージ毛以外ではカール形成力が弱くて使い物にならないレベルです。

あとGMTは臭く無いです。コレ結構大事。

ざっくり「まとめ」ると
スピエラ 健康毛〜ミドルダメージにオススメ、根元から毛先まで均一なカールが作れる。超臭い。
GMT ミドルダメージ〜ハイダメージでしか使えない。ダメージによってカールが変わる、ほぼ無臭。

アンビーでデジタルパーマをお勧めする場合
デザインと毛髪ダメージで決めるのですが基本的にダメージで悩んでいる方が多いので
中間〜毛先の状態はほぼミドルダメージ〜ハイダメージの状態です。

だからアンビーではミドルダメージ〜ハイダメージに適したGMTを使うのですが。。。。


でも普通にメーカー推奨で使うと弱酸性(アルカリ入り)になるのが嫌で
ずっと研究してアルカリ入り溶剤使わない方法でGMTを使うようにしてます。

GMTは推奨ph以外ではダメージに対する濃度や作用時間を厳密に設定しないと
思った通りのカールが出ないのでかなりの経験と知識が必要なんですよ。

これがコントロール出来るようになると
ミドルダメージ〜ハイダメージでは驚くほど低いダメージで思いどおりのカールが作れます。


これが出来るようになってデジタルパーマが楽しくてしょうがないです。
「どお?触ってみて、毛先が柔らかいでしょ?」
毎回そう言えるクオリティーです。

頑張って研究して良かったな〜って思います。


マジで良い感じの「弱酸性のデジタルパーマ」いかがでしょう?
いっしょにニッコリしませんか?


ちなみに他の弱酸性〜中性域の薬剤も併用したりするのでGMTだけで思いどおりに出来る訳じゃないのです。
更なる精進を続けてまいります!


高円寺の美容室envie
[PR]
by envie02 | 2016-11-18 17:00 | パーマ | Comments(0)