美容のうんちく、裏話とかスタッフの日常の事も


by envie02

髪に優しい薬剤ってなんじゃろね?|高円寺の美容室envie

美容室でパーマするとき
「傷まない薬でかけますね〜」
「髪に優しいお薬使いますね〜」
「このお薬は化粧品登録(コスメ)なので傷みにくいんですよ〜」

みたいの聞きますよね?w

どーかクリックをお願いします!!
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

僕も簡単に説明する時は上記の感じでも良いんじゃないかと思うのです。
個人的には「傷まない」ってフレーズは使わないんですけどね〜(傷みにくいはok)

じゃあ、本当に傷まないかって言うとそんな魔法のような薬剤はありません( ̄。 ̄)

まずは簡単に薬剤の説明。

美容室で使うパーマ液には
医薬部外品
化粧品
の2種類があります。

この違いは還元剤、アルカリなどの配合成分量の違いなのですが

ざっくり言えば

医薬部外品よりも化粧品の方が成分薄いのでパワーが弱いから傷みにくいって事なんです。

パワーが弱いって事はかかりも弱い。

でも髪が傷んでいたら弱い薬でかけないと傷みが進むので
自動的に弱い薬剤をつかう。

そんなかんじとなっております(笑)

今の時代全く傷んでいない人の方が珍しいので
化粧品の薬剤を使う事は多くなります。


じゃそれでokじゃん?( ̄ー ̄?)と思うかもですが


そんな事も無いんです| ̄(エ) ̄) |(エ) ̄) | ̄)

化粧品登録の薬剤の中でもパワーの分類や成分の違いなどなど色々あるんですよ。

つまりは

傷みにくい薬剤の中でも傷みにくさに差があるんです。


しかーも


傷みにくい薬剤ってのは医薬部外品に比べて1種類での適応範囲が狭いので


美容師さんの腕とか知識で傷みに差が出やすいんです。


せっかくパーマかけるなら出来るだけ傷めたくないって人は是非envieに相談してください

美容室envie新高円寺
[PR]
by envie02 | 2013-03-16 10:47 | パーマ | Comments(0)