美容のうんちく、裏話とかスタッフの日常の事も


by envie02

最近の縮毛矯正の失敗やビビリ相談の傾向など

いろんなところでビビリについて聞かれるので
envieのスタンスや最近増えて来たの縮毛矯正の失敗やビビリ相談の傾向に
ついて書きたいと思います。

まずはクリックをお願いします!!
にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ
にほんブログ村

うちのサロンにはほぼ毎日ビビリの相談のメールが来ます。
過去で多い時は一日に20件以上のメールをいただく事があります。

今では事前にホームページに記載されている内容にご納得頂いた上での
相談とさせて頂いているので減りましたがそれでも
繁忙期のちょっと後あたりは1日10件程度のメールを頂きます。

ビビリ修復の施術数では少なくとも東京都内では1番か2番目に多いと思います。

相変わらず多いのは
自分でしょっちゅうアイロン又はコテをしている人がビビるケース
自宅でカラーをしている人がビビるケース

この2大トップは変わらないのですが

厄介な例の代表として君臨して来た
魔法の〜奇跡の〜水?みたいな系統の失敗が
だいぶ対処出来るようになって来たと思ったら。。。

新たな試練なのか
新厄介な事例が出て来るようになりました。。

それは
①縮毛矯正の失敗(ビビリ)を修正するのを売りにしつつもさらに失敗するケース

②ビビリ毛にヘナもしくは無色ヘナ(アワル)などをして悪化してるケース
の二つです。

envieがビビリ直しを始めた頃はビビリと言う言葉も浸透していなく対応してくれるサロンも少なかったですが、今はだいぶ増えているみたいです。
それは嬉しい事なのですが
どーも微妙なサロンも多いんですよね。。。
ネットでちょっと検索すると
ほーらこんなに簡単に治せますよーとか
何なら自分でも治せますよーとか
これを使えば簡単ですよーとか
最近では誰でも簡単に治せます!みたいな講習もあるっぽいです。

微妙なサロンはこーいうのを取り寄せて、もしくは講習で習った方法で
ウィッグ(マネキン)の髪で実験してそのままお客さんに使ったりします。。。

ビビリの髪はそんな単純に直るものではないので
深刻なダメージほど
傷みやすい髪ほど

さらにビビってしまいます。。。。
(※ダメージが軽度の場合は直るケースもあります)

そっから再度検索してうちに来るのですが、

。。。。。


。。。。。。。


この状態はすげーーーー難しい。。。。


修正率も確実に落ちるので
どっかで修正の失敗をしていなければもう少し、もう少しは良い状態に出来たのに。。。って
思いながら修正をするのは僕も辛いです。。。

すくなくとも
あー直りますよーとか
簡単に治せますとか
そいういう無駄に自信満々な店はお勧めしません

②ですが今はヘナ(アワル含む)のトリートメントもしくは100%植物のトリートメントがオーガニックブームで増えているのですが、これはビビリ毛にとっては非常にやっかいで
これをやってしまうと
仕上がりが落ちます

ヘナや植物トリートメントを否定する訳ではないですが
少なくともビビり毛に対する相性は悪いです

もし当店でビビリ修復の依頼をお考えの方や
とりあえずトリートメントで様子を見ようとするなら
美容室で「ヘナ、無色ヘナ、アワル、100%植物」のどれかのトリートメントを
する前にまずは一度ご相談下さい。


もちろんうちなら完璧ですよなんて口が裂けても言いませんし
envieのビビリ直しで完全に直る事は無いです。

それでもかなりの経験と勉強と施術数をふまえた上で
新しい被害者がすこしでも増えないと良いなと思って
このブログを書きました。
[PR]
Commented at 2012-11-24 00:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by envie02 at 2012-11-25 19:35
補修後で使いどころわかってる方なら良いと思います。
ヘナは優秀な毛髪強化作用ありますし

ただビビってる髪に気軽にヘナしちゃえー的なのがNGだと思っているのです。。。

今はブログのせいかビビリ相談の2割弱がヘナで余計おかしな事になってる人からなので、ホントに使いどころ間違うと怖いなーって思ってます。

Commented at 2012-11-27 16:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by envie02 at 2012-11-29 14:40
なぜかヘナがダメ、嫌いって印象を持たれるのですが
特に嫌いと言う訳ではないのです、有効性もあると思いますし。

タンパク変成というのがどこまでを指すかと言う議論を除いて
「しているか、していないか」で分けるならしてると思います。
それが過度か軽度かという話になると使い手次第だと思います。

ビビリの中でも乾燥と縮れが酷いタイプには
どんな状況下でもヘナを直接使うのは危険と思っています。
個人的な見解ですが僕の施術の場合「ビビリ修復前」にヘナをするとほとんどの場合修復効果は落ちます。
「ビビリ修復後」であればきちんとした知識があれば問題無いです。
さらに予防や軽度のビビリであれば用法を間違わなければ「前後問わず」有効な手段であると思います。

一番言いたいのは「植物だから安心」的なノリで適当にヘナする事への疑問を述べたかったのですが
誤解を与えてしまっていたようで申し訳ありません。
by envie02 | 2012-10-23 22:02 | ビビリ、失敗 | Comments(4)